« ◆雨もまた楽し♪ | トップページ | ◆鍋料理というよりも・・・ »

◆韓国旅とお財布事情

修徳寺では図録を買いたいのに、その図録代23万ウォンの持ち合わせがなく、

冷やりとしましたが・・・

http://myhome.cururu.jp/pojagi/blog/article/41000530401 から続く

韓国用のお財布には前回の使い残し17万ウォン余りが入っていました。

金浦空港に着いてからの出費(現金)はというと・・・。

↑は、ひどいブレブレの画像ですが、

タクシーの窓に貼ってあるステッカーを撮ったもの。

『無料電話通訳がご必要なら、運転手さんに

「フリーインタープリター」とおっしゃって下さい』

と書かれていますね。

以前これを撮った画像を失ってしまったので、撮っていたわけです。

外の景色を撮っていると勘違いした運転手さん、

「窓を開けてあげましょう、そのほうがきれいに撮れるだろうから」と、

窓を開けてくれました^^;

それでなくても、よくしゃべる運転手さんです。

行き先を告げたときでさえ

「えっ!?鍾路区庁?この大荷物を持って区庁?」

という反応の人ですから・・・。

「区庁に行くわけじゃないんですが、

宿の名前を言っても100%お分かりにならないでしょうから、

近くまで行ったら説明します」と言うと、

どこまでも食い下がって「どこに泊まるのか?」と尋ねるじゃありませんか。

「なぜ訊くかというと、

今後そこへ行きたいというお客さんを乗せた場合、

スムーズに行けるじゃないですか」と言われれば、

こちらとしても言わないわけにはいきません^^;

「一人旅なんかして、いったい何が楽しい?」という運転手さんと

「どれだけ気楽で楽しいことか」という私。

この話は平行線のまま、宿に到着です。

このタクシー代(金浦空港→→鍾路区の宿)が約2万ウォン

旅装を解いて、お茶を淹れ、一息ついてから外へ。

夕食を何にしようか?ぶらぶらしながら考える。

結局、近くの食堂で好物の모듬전(チヂミの盛り合わせ)を買って持ち帰り。

1万2千ウォン

コンビニでビール、牛乳など7,000ウォンほど。

毎日パソコンの小さな画面で観ている連続ドラマをホンモノのTVで観る。

続いて夜9時のニュースが流れる中で、翌日からの計画を練る。

出発の直前までは、金浦に着いたら、即、国内線で

チェジュ島に飛ぶ予定だったりしたもので、

計画練り直しなのです^^;

地続きのところへほんのちょっとばかり遠出をする程度なので、気楽です。

そうこうしているうちにTVは歌謡番組。

秋をテーマにした歌ばかりを集めての特集。

懐かしのメロディーって感じですネ。

朝は4時半に隣りのお寺の読経で起こされること確実なため、早めの就寝です^^

                

はい、予定通り4時半に起きた朝、身支度を済ませ、

朝食はこの日は「液体」だけ。

7時ごろには宿を出ました。

南部ターミナルまでの地下鉄は「교통가드 交通カード」を使ったため、

現金出費はなし。

南部ターミナル→→洪城までのバス代8,200ウォン

悪戦苦闘したPC房の料金は1,500ウォン

道中のオヤツにしようと買ったお菓子が2,000ウォン

飲み物代が1,300ウォン

洪城のバスターミナルからのタクシー代が11,500ウォン(所要時間20分ほど)。

修徳寺拝観料が2,000ウォン

帰りのムグンファ号の料金8,700ウォン

ムグンファ号下車後の地下鉄料金はまた交通カード利用。

少し遠出をしてソウルに戻った時点での所持金は約96,000ウォン

そしてこの日の夕食は콩비지(呉汁)4,000ウォン

4,000ウォンで栄養バランスばっちりのしかも美味しい食事にありつける、

これは韓国の魅力のひとつでもあります♪

「웰빙 (well being) 콩비지(呉汁)」とうたっているだけに、

白米にもち粟の入ったご飯です。

こうしてソウル2泊目の夜を迎えます。

所持金はまだ90,000ウォン余あります(笑)

(計算合ってるかな~)

この日は夕食前に路地裏探検もし、

書店(カード払い)にも行っています。

今回は7泊でしたが、もしこの翌日帰る2泊3日の旅だとしたら、

航空券、ホテル代は別として特別な買い物をしない限り、

1万5千円もあれば地方まで出掛けて、食べて飲んでゆったり過せるって

ことですね。

なんだか新鮮な発見でありました。

|

« ◆雨もまた楽し♪ | トップページ | ◆鍋料理というよりも・・・ »

・ソウル(서울)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆雨もまた楽し♪ | トップページ | ◆鍋料理というよりも・・・ »