« ◆眠れなかった看月島の夜^^; | トップページ | ◆万里浦から千里浦まで その1 »

◆대한민국 서쪽 땅끝(韓国最西端)

観月島のペンションで一泊し、バスで向かったのは瑞山・浮石寺(부석사)。

(浮石寺については、記事を改めます)

そのあと、またバスで泰安(태안)バスターミナルへ。

泰安(태안)で一ヶ所寄り道をしてから、さらにバスで西へ西へ。

終点でバスを降りたのは、夕方のまだ早い時間でした。

寝不足解消のため、本日はここで旅装を解くことといたします^^

前日の看月島と違い、ここにはた~くさんの宿泊施設があります。

よりどりみどり、どこにしようか迷っちゃいます。

その前に、ここでは海辺に立ってみなければ…

静かな海でした。

Dsc_1123sm_2 

大きな石碑の足元に躓きそうな物があって、ふと見ると

その小さなプレートには정서진(正西津)대한민국 서쪽 땅끝と

ありました。

あゝここは韓国の西の果てだったのか。

改めて地図を眺めてみる。

確かに島を除くと、ここが西端のようです。東経126°07′

期せずして‘西の果て’に辿り着いてしまいました。

Dsc_1124sm Dsc_1121sm Dsc_1128sm

Dsc_1129sm Dsc_1161sm Dsc_1160sm

車の写っている画像、遠くに大きな船が見えます。

あっ、この車は砂浜で動けなくなって、バックで牽引されているところです^^;

前日は浅水湾(천수만)の、この日は西海(서해)の落照を心ゆくまで眺めたのでした。

Dsc_1157sm_2 

大韓民国 泰安郡 万里浦(만리포 マリポ)海水浴場

泰安バスターミナルより約30分 バス料金:1,800ウォン(≒125円)

|

« ◆眠れなかった看月島の夜^^; | トップページ | ◆万里浦から千里浦まで その1 »

・忠清南道(충청남도)」カテゴリの記事

・韓国歩きのあれこれ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは

 何年か前にタンカーが事故って、原油流出事件があったあたりですよね。私も真冬に行きましたが、沖合をやはり大きな船がいくつも航行していました。 新しい平澤湾だのも近いので大事な場所なのでしょう。千里浦、十里浦、一里浦とあるのでした。
 牡蠣、また食べたんでしょ?

投稿: おとう | 2012年2月17日 (金) 13時43分

おとうさま
ボランティアの活躍が記憶に新しいのですが、
あの原油流出事故から、もう丸4年経ったんですね。
千里浦、百里浦、十里浦までは知っていましたが、
一里浦まであったとは…Σ(゚д゚;)

牡蠣ではありませんでしたが、この日の食堂は大ハズレ
地マッコリの部屋呑みで口直しをしたのでした^^;


投稿: k_sarang | 2012年2月17日 (金) 14時47分

たびたびすみません(大雪でほとんどキャンセル)

 百を忘れていましたが、帰りのバスで一緒になったアジョシの話ではあるということでした。貝殻型の湾がだんだん小さくなってくの、自然の技も大したものです。

 意識して書かなかったのですが、私も萬里浦のお昼はあんまりでした。たくさん並んでいる海へ向かう道の食堂もほとんど開いておらず、開いている店に入って食べたテンジャン、ごくごく普通のもので、期待外れ。やはり観光地なのかなぁ?とも思いましたが、済扶島なんかは良かったのになぁ。

 話は変わりますが、11月初旬にソウル、水原を案内した同級生からもらったダイコンキムチの残りヤンニョムに地元の塩漬け高菜を入れて、アミの塩辛だの唐辛子だの足して作ったカッギムチの出来は上々でした。昨日最後の一切れが惜しくもなくなりましたけど、全南の食堂アジュマに食わせても美味しいって言ってくれそうな味。やはり私はカッギムチが一番です。

投稿: おとう | 2012年2月17日 (金) 15時20分

しゃ・しん・が・・・む~っちゃき・れ・い!!です~
ぽつぽつといる人の姿が、冬の海!ですね~^^

投稿: こゆみ | 2012年2月17日 (金) 18時47分

おとうさま
大雪大変ですね。お疲れさまです。
こちらも明朝はうっすら雪景色かもしれません。

自然の技もネーミングも、拍手を送りたいくらいですね^^
갓김치、同級生の方との共同製作でぜひ商品化してください。期待しています

投稿: k_sarang | 2012年2月17日 (金) 21時23分

こゆみさん
「ありがとう!」とカメラが申しております。
(実は新しいカメラなの

投稿: k_sarang | 2012年2月17日 (金) 21時26分

こんばんは。
韓国最西端の泰安、聞いた地名でしたが、
畳半畳ほどの地図を広げ、確認しました。

落照の写真、本当に素敵です。
忙しすぎてちょっとたそがれている私の心象風景にぴったりなので、
しばしお借りして、PCの背景にしたいくらいです(^.^)

「法頂紀行」読み終わりました。
法頂スニムゆかりの話だけだったら読みやすかったと思うのですが、
作者の個人的な話が余計だなぁと思いました。
吉祥寺の話なども初めて知りました。

法頂スニムの言葉を思い浮かべると
不思議と心が安寧になります。

トゲトゲしていたり、眠れないという同僚に
「無所有」を紹介してあげたいのですけどね。
心にすーっと入っていく時と、
受け入れない時とあるでしょうね。

投稿: | 2012年2月18日 (土) 21時56分

とねりこさん
こんばんは。
読み終えましたか。
私も、とねりこさんとまったく同じ感想をもったクチです^^
この作者のプライバシーには関心ないのに
これでもかこれでもかと押し付けられるのには、
辟易しちゃいました

‘お口直し’に、次の2冊をお薦めします^^
법정(法頂) 백금남著 
소설 무소유 정찬주著

投稿: k_sarang | 2012年2月18日 (土) 23時52分

失礼しました。またやってしまいました^^;
名無しをよく「とねりこ」とお分かりで(^.^)

PCを買い替えたら、名前が出なくなっただけではなく、
コメント欄の入力がしづらくなったのですが、
(セキュリティーの関係か??)
他はサクサク行くようになったのに不思議です。

お薦めの本のご紹介ありがとうございました。

投稿: とねりこ | 2012年2月19日 (日) 17時46分

すぐに分かりましたとも、とねりこさん^^v
「法頂紀行」読み始めましたというコメントを
昨年末にいただいてましたもの

投稿: k_sarang | 2012年2月19日 (日) 22時00分

こんにちは

태안まで行かれたんですね。
じつは태안にも「磨崖仏」があるのだそうで、そちらも見学してこようと思っていたんですが、あいにくその日は体調が思わしくなくて、途中で引き返しました。
浮石寺の記事、楽しみにしています。

投稿: cocoa051 | 2012年2月21日 (火) 14時12分

cocoa051さん
こんにちは。
旅先で体調崩すとつらいでしょうね。
幸いなことに、私はまだその経験がありませんが。

この記事の最初に、
「泰安(태안)で一ヶ所寄り道をしてから」と書きましたが、
その寄り道がまさに『泰安磨崖三尊仏』でした

浮石寺、もうしばらくお待ちくださいませ。

投稿: k_sarang | 2012年2月21日 (火) 16時13分

そうでしたか。태안の磨涯三尊仏に行かれましたか・・・。
昨年の忠南の旅のときは行かれなかったので、とても残念に思っていました。瑞山の磨涯三尊仏との比較もしてみたいと思っていましたので・・・。
この記事も楽しみです。

投稿: cocoa051 | 2012年2月22日 (水) 04時35分

cocoa051さん
時間を見つけて、追々書こうと思っていますので
気長にお待ちを^^;

投稿: k_sarang | 2012年2月22日 (水) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆眠れなかった看月島の夜^^; | トップページ | ◆万里浦から千里浦まで その1 »