« ◆굴밥(牡蠣ごはん)求めて看月島へ | トップページ | ◆眠れなかった看月島の夜^^; »

◆굴밥(牡蠣ごはん)求めて看月島へ その2

前の記事の続きです^^

厨房から戻ってきたジャッキー・チェンそっくりのお兄さん。

「お席をご用意しますからお待ちください」とおっしゃるじゃありませんか

やりました。粘り勝ちです^^v

「今、片付けているあのテーブルへ」とのことで、4、5人用の丸テーブルへ。

目の前で瞬く間に片付けられ、バンチャン(おかず)が並べられました。

Dsc_0799sm

真ん中の空間にはクツクツ煮えたぎる청국장(納豆汁)が運ばれてきました。

Dsc_0809sm

ここ看月島ではどこのお店も、굴밥(牡蠣ごはん)は청국장(納豆汁)と一緒に

味わうのがキマリのようです。

このお店の청국장(納豆汁)は特許を取った無臭の청국장を使っているのが

自慢なのですが、私は思いっきり納豆臭い普通の청국장(納豆汁)が好みです^^;

まあ主役は牡蠣ですから、店内がいつもいつも納豆臭充満状態だとマズイのでしょうか?

さて主役の굴밥(牡蠣ごはん)の登場です。

Dsc_0810sm

カメラを近づけたらレンズが曇りました^^;

Dsc_0811sm

レンズを拭いてもう一度!

Dsc_0812sm

小粒の牡蠣がたっくさん。

人参、数種類のお豆にスライスしたナツメ等々 、これらが混じりあった

自然な甘味が嬉しい牡蠣臭くはない牡蠣ご飯です。

もっと野趣に富んだ味を想像していたのでしたが、

私には似合わないお上品過ぎる굴밥(牡蠣ごはん)でした^^。

気がつけば、おかずの存在も忘れ、ご飯半分ほどをガツガツと食していました^^;

これ、ご飯茶碗じゃなくて大きな丼ですよ^^

ふと、我に返り、お隣りでアジョシたちが飲んでるマッコリが

羨ましくて、私も1本注文^^;

Dsc_0817sm

忘れさられていたおかずたちを、ここで改めてご紹介いたします^^

Dsc_0803sm Dsc_0802sm

ワカメの酢の物の向こうのお皿は唐辛子の장아찌(しょうゆ漬け)

ニラと白胡麻たっぷりの薬味醤油は、お好みでご飯に掛けていただくもの。

最初に盛り付けられてくる量はどれも少なめに見えるかもしれませんが

お替わり自由。↓ただしセルフサービスなので、取りにいかなければなりません。

Dsc_0808sm

この辺りの牡蠣は小粒です。

物の本によると、牡蠣は水中にいるときに成長するのだそうな。

ここは干満の差の激しいところなので、潮が引いている間中、

牡蠣は日に晒されることになります。

その間は成長が止まるため、常に海水に浸っている状態の

養殖物に比べて小さいのだそうです。

これが噂の어리굴젓(牡蠣の塩辛)↓

思い出しただけで、よだれが…

Dsc_0801sm

忘れてはならないキムチです↓。

私、キムチの存在も忘れ、양념장(薬味醤油)掛けるのも忘れ

ご飯だけパクついてました^^;

それほど美味しかったんです、ご飯が。

Dsc_0806sm

Dsc_0804sm

↑これも、これも↓美味しかった~^^

Dsc_0805sm

Dsc_0813sm  Dsc_0819sm

私が出されたご飯を完食するなんて、実に珍しいこと(笑)

たぶん4年前、済州島であわび粥を完食して以来ではないかと…^^

お釜からご飯をよそったあとは、누룽지(おこげ)にお湯を注いで숭늉 に。

私の胃袋には、もう숭늉の入る隙間さえ残っていませんでした。

画像をもう1枚。

ほ~ら、美味しそうでしょ!海苔に包んでパクッ

Dsc_0816sm

前の記事の最後に、

『さて、k_sarangはこの先どうなるのでしょう』と書きましたが

結局、1でも2でも3でもなかったんです。

2人前の料金を払おうとしたのですが、1人分しか受け取っていただけませんでした。

『本来、お一人様は受け付けないんですが、遠来のお客様なので特別ですよ』と

おっしゃって。それも、けっして恩着せがましい言い方ではなく、好感がもてました。

本当にごちそうさまでした。

最敬礼をしてお店を後にしたのでした。

看月島『맛東山』ぜひ行ってみてくださいね。

二人以上でネ^^

忠清南道 礼山郡 徳山面にも『맛東山』があるそうです。

『また韓国にいらっしゃることがあれば、礼山の方のお店にもぜひ』と言われたので

そちらでも굴밥(牡蠣ごはん)が食べられるのかなと思い、『メニューは一緒ですか?』と

尋ねたら『굴밥(牡蠣ごはん)はもちろんのこと、焼き肉もあります』とのことでした。 

|

« ◆굴밥(牡蠣ごはん)求めて看月島へ | トップページ | ◆眠れなかった看月島の夜^^; »

・忠清南道(충청남도)」カテゴリの記事

・美味@韓国」カテゴリの記事

コメント

やはり何か《持ってる!》ksarangさんですね?^^
ぜ~んぶおいしそうで!ほんと、機会があれば行きたいです!

投稿: こゆみ | 2012年2月 9日 (木) 19時30分

こんばんは

 1泊で出かけてきました。

 韓国の食べ物研究、というのが私のライフワークの一つでもあるんですが、天然産の小指の先ほどの大きさの牡蠣、すばらしい韓食の真骨頂の一つだと思っています。

 日本でも、佐賀、長崎県北部あたりでは食えるので、機会があれば、お試しを。海は一つなんだなって感じます。韓国の何倍もの値段になってしまいますが。

投稿: おとう | 2012年2月 9日 (木) 22時18分

おはようございます。

「어리굴젓」がこのあたりの名産品だと、帰国してから知りました。またの機会に味わってみようと思います。
それと徳山の「맛東山」にも寄ってみたいです。

看月島の「맛東山」では2人分の料金を払わなくてよかったですね。
ひとり旅の時、一度くらいは必ず嫌な思いをします。お店の気持ちもわかりますが、なにかいい方法があれば、なんて思います。

投稿: cocoa051 | 2012年2月11日 (土) 08時37分

こゆみさん
持ってはいないけど、やはり韓国旅の神様は憑いているようです^^

投稿: k_sarang | 2012年2月13日 (月) 20時36分

おとうさま
一泊って韓国ですか?w(゚o゚)w

投稿: k_sarang | 2012年2月13日 (月) 20時37分

cocoa051さん
一人前の料金で済んだので、
支払うつもりだった分は浮石寺のお布施になりました^^

投稿: k_sarang | 2012年2月13日 (月) 20時40分

 こんにちは

 1泊ソウル、2回か3回やっていますが、どうにも飛行機代がもったいないので、最近はやめてます。県内、近すぎて普通は泊まらない都市に泊まって美味しいものを食べて、酒飲んで、という旅行でした。

 cocoa051さん
 いくつかコメントで振っていただいたのに挨拶が遅れました。普通の韓国の面白い所を歩くのが好きなアジョシです。よろしくお願いします。 石仏など、石でできたものに関してはいいなぁと思い、県内なんかでも探して訪ねたりしていますが、お寺はほとんど行っていませんでした。こちらのご主人の影響で興味を持った、そんなところです。そちらの所も時間がある時にゆっくり見せていただこうと思います。

投稿: おとう | 2012年2月14日 (火) 16時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆굴밥(牡蠣ごはん)求めて看月島へ | トップページ | ◆眠れなかった看月島の夜^^; »