« ◆島の分校 | トップページ | ◆웅도(熊島 ウンド)へ行く道 その2 »

◆웅도(熊島 ウンド)へ行く道 その1

一つ前の記事『島の分校』コメント欄に、

船でもヘリコプターでもなく、橋でもなく
もちろん泳いで渡るわけでもなく… 

と、書きましたが、私の場合、この足で歩いて渡りました^^

干潮時のみ、島と陸地が完全に繋がった状態になるのです。

かなり広い面積で現れる干潟に、車がやっと1台通れるぐらいの幅の

道路が作られていて、この道を利用して、人も車も熊島へ行くことが

出来るというわけです。

しかし、この道は潮が満ちてくると、海の底になってしまい、

当然ながら通行不可になってしまうので要注意です。

他のことは、かなりアバウトな計画で旅に出るk_sarangですが、

熊島の干潮時刻だけは事前に国立海洋調査院 のHPで

しっかりチェックしてから出掛けました。

トップページの中央にある韓半島の地図の上の바다갈라짐をクリック→

→島の位置が分かる場合にはオレンジ色の●をクリック。

トップページ左側の통합해양정보(統合海洋情報)欄の

地球マークの右側、ピンクの数字바다갈라짐 정보をクリック

바다갈라짐이란?の右横に小さな文字で書かれている島の名前をクリック

いずれの方法でも、同じ情報にたどり着けます。

ちなみに、私がこの島に行った日(2012.5.18)の海割れ時間は

5:25~12:3917:10~24:47の2回。

時間は毎日動きますので、海割れカレンダー要チェックです。

熊島には民宿が2軒だけありますが、泊まる計画はなく

島内を散策したら、この日のうちにソウルへ戻る予定です。

この日の朝のスタート地点は、瑞山バスターミナル近くのモーテル。

海割れ時刻以外は、何にも調べていない無鉄砲な旅。

いや~スリリングな1日ではありました。

まずはモーテルを出てから数分後、部屋の壁に帽子を掛けたまんま

だったことに気づき、急いで取りに戻る^^;

バスターミナル内の、あまりぱっとしない食堂で、テンジャンチゲの朝食を摂る。

Dsc_4085sm

대산읍(大山邑)を目指せば何とかなるだろうと、

대산읍行きの乗り場前のベンチでバスを待つ。まもなくバスが来る。

乗り込んでT-moneyをピッと当ててから

「熊島へ行きたいんですけど、このバスでいいんですよね」と確認する。

「熊島へ行くんだったら、このあとの9時ちょうどのバスに乗って」と技師アジョシ。

このときの時刻8時45分。

T-moneyから引かれた金額は現金で返金してくれた。

850ウォンだったか750ウォンだったか。

대산읍(大山邑)方面に向かうバスも色々あるようです。

次のバスを待つ間、以前ブログに載せたことのある靴磨きアジョシのところで

靴を磨いてもらおうかと思うも、先客数人あり、断念。

また乗り場前のベンチに腰掛けてバスを待つ。

右隣りに座っていたハルモニ、何かキョロキョロ探し出す。

「どうなさったんですか?」と聞くと、「100ウォン玉を落としちゃった」とのこと。

一緒にベンチの下を探してあげるも見つからず…^^;

左隣りのベンチに座ったアジュンマ、私の帽子を見て、

「その帽子いいわねぇ、どこで買った?いくらした?」と

自分の頭にのせてみたり、リボンを触りまくったり…^^;

私の背中のリュックをみて、「これから登山?」なんて聞かれたり…^^

そうこうしているうちに、バスがやってきました。

今度はT-moneyを当てる前に確認^^;

「熊島へ行きたいんですけど、このバスで間違いないですよね」

「熊島までは行かないよ」

「熊島まで行かないのは分かっているんです。

歩いていくので、近いところで降ろしてください」とお願いする。

いちばん前の席を陣取ったので、バスの中から撮った写真が

こんな↓フレーム付きになって面白い^^

Dsc_4118sm

こんな↓車(?)が、超ノロノロで道の真ん中を走っている^^;

Dsc_4126sm

バスも後をついて、しばらくはノロノロ。

しかし、いつまでもノロノロ走るわけにはいかないバス。

業を煮やしたバスドライバーさん、ぷわ~~っとクラクションを鳴らす。

後ろを振り向いて、びっくりした様子で片側に寄せてました。

どうやらあの車自体が轟音を立てて走っているせいで

後ろの状況に気がついていなかった模様。

Dsc_4154sm

40分程走ったところで幹線道路を外れ、バスは左に折れて、

狭い道に入りました↓。

Dsc_4172sm

もう、そろそろかな~?

Dsc_4184sm Dsc_4192sm

バスドライバーさんに言われる前に見つけました

웅도리입구 熊島里入り口』

Dsc_5416sm

ここまでが『瑞山バスターミナル』から約45分掛かりました。

ちなみにバス料金は1,200ウォン(≒80円)。

T-moneyを使ってるので1,150ウォン。

バスを降りたところにあった看板↓

Dsc_4204sm

大山小学校 熊島分校→4Km

4Kmといえば、ここから、さらに徒歩で1時間ですよ~

うれしい遠足です

---------------- 続く----------------

|

« ◆島の分校 | トップページ | ◆웅도(熊島 ウンド)へ行く道 その2 »

・忠清南道(충청남도)」カテゴリの記事

・韓国歩きのあれこれ」カテゴリの記事

コメント

まず、熊を웅と読むことを初めて知りました^^;
次に45分走って、80円?考えられませんね~わかっているんですが^^;
相変わらずの、興味津々旅です~

投稿: こゆみ | 2012年5月24日 (木) 20時11分

こんばんは 

 もう飲んでいます。こゆみさん、熊女の話、ご存じないですか?古代朝鮮の最初の女性は熊が願をかけて洞窟にこもって素食して神様に望みをかなえてもらっただか、そんな伝説だったと思います。

 ともあれ、干潮陸繋島、たくさんあるのですねぇ。手持ちの地図でも道が書いてあるもの、無いもの、両方ありました。

投稿: | 2012年5月24日 (木) 20時45分

こゆみさんがご存じなかったとは
う~~ん(웅) なんと意外な

バス料金の安さはうれしいですねぇ。

投稿: k_sarang | 2012年5月24日 (木) 21時36分

おとうさま
海割れ体験、ここは穴場中の穴場かもしれません。
だあれもいなくて、島を独り占めした気分でした^^

投稿: k_sarang | 2012年5月24日 (木) 21時39分

おはようございます。
穴場中の穴場ですか。行ってみたいですね。
この前、辺山半島をめぐった折、コムソ湾にもハソムという、そこそこの規模の海割れがあると言っていました。たまたま時間的に合わず行かれませんでしたが・・・。
韓国にはけっこうあるんですね。あっ、この前の看月島もそうでしたしね。

投稿: cocoa051 | 2012年5月25日 (金) 02時19分

パダッキルの写真、期待しています。この次かな?

投稿: おとう | 2012年5月25日 (金) 08時17分

cocoa051さん
そうですね。
珍島ばかりが注目されてますが、
それ以外にもいくつもあるんですよね。
行ったつもりになるように画像UPしようと思います^^

投稿: k_sarang | 2012年5月26日 (土) 06時48分

おとうさま
引っ張って、引っ張って「その4」ぐらいでと
思いましたが、リクエスト(?)とあらば
「その2」で出しちゃおうかな、パダッキル

投稿: k_sarang | 2012年5月26日 (土) 06時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆島の分校 | トップページ | ◆웅도(熊島 ウンド)へ行く道 その2 »