« ◆指名手配写真 日韓比較 | トップページ | ◆て・ん・ぷ・ら ですか?^^ »

◆어죽(魚粥)を食す

5月の旅、忠清南道は禮山(礼山)郡の大興面(대흥면)を歩きました

スローシティに指定されている村です。

歩いたものの、まったく歩き足りなかったので、また行こうと思っていますが^^;。

大興面(대흥면)は、韓国最大規模の貯水池である「礼唐貯水池」のほとりにあり、

ここで獲れる淡水魚を使って作るお粥「魚粥(オヂュ)」が、

有名な郷土料理です。

この日の昼食は、もちろん「魚粥(オヂュ)」。

韓国の方のブログで見つけた美味しそうな「「魚粥(オヂュ)」の食堂を

メモって行ったのですが、その食堂まで歩くと昼食が夜食になりそうだったので^^;

とりあえず「호반식당(湖畔食堂)」というところに入ってみました。

このときすでに昼食の時間をはるかに過ぎていて(15時30分頃)、

食事にありつけるかどうかさえ心配だったのですが、入ってみると、はたして客はゼロ。

何度か声を掛けて、やっと出てきてくれた店主(女性)に

食事が出来るかどうか尋ねると、

「ウチは定食とかはやってなくて、魚粥かメウンタンぐらいしかできませんが…」

まさに、願ったり叶ったり^^

この回の旅の目的の一つ「魚粥を食す」が、達成できそうです(笑)

誰もいない食堂の適当なところに座り、「魚粥(オヂュ)」が運ばれてくるのを待ちます。

来ました!待望の、「魚粥(オヂュ)」が

Dsc_3893sm

魚は何が入っているか?

入っている野菜は何か?

質問して、テーブルに広げておいた小さなメモ帳に書き留める

붕어 새우 깻잎 대파

「うわ~外国人がハングルも書けるぅ~」と大喜びする店主^^

「魚粥(オヂュ)」、海の魚を使って作る場合と、川や湖で獲れた魚を

使って作る민물어죽があって、礼山の名物はもちろん淡水魚を使った

민물어죽になります。

この日、ここで食した「魚粥(オヂュ)」には、붕어(フナ)と새우(エビ)が

使われていました。

内臓を取り除いてから長時間煮込んだ魚を、ザルのようなもので漉すと

自然に骨はザルの中に残ります。

漉した魚の身とスープに、お米などを入れて煮込むと「魚粥(オヂュ)」の出来上がり。

味付けはコチュジャン、トウガラシ粉など。

お米など、と書きましたが、ここのお店のは

お米うどんすいとん炭水化物の三重奏、いや3段攻撃と言うべきか

魚粥、地方によって、お米だけの場合あり、麺だけの場合もあり、さまざまなようです。

Dsc_3894sm

フナは漉されているので、存在感がありませんが、

エビは姿のままで、たくさん入っていました。

これは嬉しかったです。

と言うのは、この日、ここに来る前に立ち寄った

同じ礼山郡内の삽교(挿橋)の五日市で

ザルの中でピチピチ飛び跳ねている淡水エビを見掛けたのです。

Dsc_3749sm

Dsc_3748sm

買えないことが、とっても心残りでしたので、

「あの海老ちゃんたちが後をつけてきてくれたんだわ」と思いつつ

味わったのでした

事前にチェックした韓国人の方のブログには

「국물이 예술이다 (スープが芸術だ~)」と感想が書かれていました^^

残念ながら、この日行った食堂は芸術の域には達してないな~と、

k_sarangの舌は感じました

「국물이 예술이다 (スープが芸術だ~)」の食堂にも

いつか足を運んでみたいものです^^。

『湖畔食堂』、窓からは礼唐貯水池が見えます。

Dsc_3890sm Dsc_3891sm Dsc_3897sm

예산군 대흥면 상중리 (礼山郡 大興面 上中里) 250-1

|

« ◆指名手配写真 日韓比較 | トップページ | ◆て・ん・ぷ・ら ですか?^^ »

・忠清南道(충청남도)」カテゴリの記事

・美味@韓国」カテゴリの記事

コメント

去年、礼山に行きましたが、事前の情報不足のため「魚粥」にはありつけませんでした。
地図を見ると洪城に近いところですね。
礼山の町中にあるかなり大きな礼山市場は見学しましたが、修徳寺に行く予定時間があり、あまりゆっくりと町中の見学はできませんでした。
いずれ機会があったら「魚粥」を食してみたいです。「국물이 예술이다」の食堂を探して・・・。

投稿: cocoa051 | 2012年6月15日 (金) 20時59分

天下のKsarang先生も《外国人》と分かるんですか?

投稿: こゆみ | 2012年6月15日 (金) 21時44分

cocoa051さん
そうですね。
洪城から、もしバスの便があれば近いかも…。

「국물이 예술이다」の食堂は、
いつ行けるか分からないので、
「ええい!自分で作っちゃえ」という気になってます

投稿: k_sarang | 2012年6月15日 (金) 22時50分

こゆみさん
またまた、そんな!
何が天下だか、先生だか…
どこからどう見ても‘大和なでしこ’ですわよん^^

投稿: k_sarang | 2012年6月15日 (金) 22時53分

おお~丁度「私の文化遺産踏査記」の礼山・修徳寺を読んでいた所でした。
随分大きな貯水池なんですね。

魚粥ですか。
お味はヘムルタンのような感じでしょうか?
곤드레밥のように私もまたどこかで出会えるといいな(^.^)

投稿: とねりこ | 2012年6月16日 (土) 01時33分

とねりこさん
おはようございます。
大きな貯水池なんですよ。周囲が40数kmあるそうです。
行きたかった「국물이 예술이다」は、私が歩いた辺りの対岸に
あることが分かって、このときは断念した次第(;д;)

いろんな味が混ざり合って濃厚なヘムルタンに比べて
淡白でしたが、炭水化物3段攻めには圧倒されました^^;
5分の1ぐらいしか食べていません

魚粥は、「礼山五味」の一つに挙げられていますが、
他の地方にもありますので、
とねりこさんがどこかで‘芸術’級のお味に出会えますよう
お祈り申し上げます(◎´∀`)ノ

「私の文化遺産踏査記」を読んで、「北」へ行きたくなったk_sarangです^^

投稿: k_sarang | 2012年6月16日 (土) 09時54分

はじめまして!
現地へ行く相談に乗っていただけますか。
魚粥を召し上がった近くにある大輿東軒へ
ソウルから日帰りで行こうと思っているのですが、
韓国語のわからない女性ひとりでは難しいでしょうか?
個人旅行のツアー会社に見積もり依頼したのですが、
びっくりするほど高額で、現地の情報はほとんどなく
行き詰っております・・・。

投稿: ひなあられ | 2014年6月 7日 (土) 14時02分

ひなあられ さま

初めまして。
下調べさえ入念になされば、韓国語が分からなくても、
大輿面への一人旅、充分に可能だと思います。

ひなあられさんが無事に行ってこられますようお手伝いいたしますので、
まずは↓の情報をご覧になってイメージ膨らませてください。

http://www.cnews041.com/sub_read.html?uid=56865

http://www.chungnam.net/media/mediaMain.do?article_no=MD0000559065&med_action=view&mnu_cd=CNNMENU00009

http://blog.daum.net/yesantour/264

http://blog.naver.com/korea1004vip?Redirect=Log&logNo=120202621486


http://www.yesan.go.kr/japanese/
(↑礼山郡のホームページ・日本語)

↓そのホームページで案内されているバスツアー(無料)

礼山バスターミナル(集合) -> 礼山駅 -> 忠義祠(尹奉吉義士記念館) -> 修徳寺 -> 昼食 -> 体験観光又は温泉体験(徳山温泉地区) -> 礼唐観光地、ウィチョウン兄弟公園(生態公園、大興東軒) -> バスターミナル(解散)

これがAコース(第1第3土曜日の10時出発)
曜日が合わせられるなら、これもいいのでは?

明後日ならPCの前に、長くいられそうですので
上記ツアーを利用せず、全行程一人旅の場合のスケジュールを組んでみますので、お待ちくださいね。

ソウルから往復の費用は5千円も掛からないと思いますよ。
取り急ぎ、本日はここまで。

投稿: k_sarang | 2014年6月 7日 (土) 19時40分

ありがとうございます!
礼山郡の日本語HP以外は、初めて見ました。
臨場感がある写真が見られて、雰囲気がつかめました。
お昼は、湖畔食堂に決めました。
この先はちょっと長くなりますので、プロフィール欄にある
yahooアドレスにメールさせていただきます。
よろしくおねがいします!

投稿: ひなあられ | 2014年6月 8日 (日) 05時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆指名手配写真 日韓比較 | トップページ | ◆て・ん・ぷ・ら ですか?^^ »