« ◆一人だけの映画会・・・『法頂スニムの椅子』再び | トップページ | ◆この危機をどうやって切り抜けよう?…(;д;)(追記あり) »

◆瑞山 開心寺 その2

この瑞山 開心寺(개심사)が有名になったのは境内のある建物の存在のようです。

いつ頃の建立で誰の創建か?そして現在どんなスニムがいらっしゃるか?等には

とりあえず関心がなく(すみません^^;)

ひたすら尋劍堂という建物と、噂の解憂所を目的に、延々3kmを歩いてアプローチの

開心寺(개심사)でした。

最初に一目惚れしてしまった梵鐘閣は、その1でご紹介済み。

Dsc_6614sm

↑これが尋劍堂(심검당)です↓

Dsc_6615sm

こんな曲がりくねった自然木をあちらこちらに散りばめた美意識、すごいですね。

Dsc_6622sm

かつてはこんな↓入り口だったのが行ってみると大きな変化が…^^;

188097_image2_1

朽ち果ててしまったのでしょうか?

木戸はなく、不粋な看板が2枚^^;

Dsc_6652sm

だんだん近づいてみます^^

Dsc_6657sm

2枚の看板は

「開心寺宗務所」と「大学入試100日祈祷受付」です。

「大学入試100日祈祷受付」はともかくとして、

「開心寺宗務所」は、なぜ木の看板にしないんでしょ^^;

残念だな~と思うのは私だけでしょうか。

Dsc_6620sm

↑ちょうど太陽光が、この玄関に向かって注いでいる時間でしたので、

ハレーションっぽくなってしまい、分かりにくい写真になっていますが

玄関の敷居にご注目 あれ !!

以前UPした『清圓山房』のこれ↓は、この開心寺の敷居を模したものでしょうね。

K0102_ximg03

Dsc_6629sm

Dsc_6630sm

建物向かって左側、玄関脇ですが、正面のみならず側面にも面白みのある

柱が使われています。

庭箒が立掛けられていたり、何ともごちゃごちゃとした生活臭の感じられる

この空間の奥の方に入り口が一つあって、そこは警備の方の住まい(?)に

なっていました。

「開心寺宗務所」の看板の左横の方に「←解憂所」の看板があって、

その写真を撮り、さて噂の「解憂所」見物をしてこようと思ったとき、

何だか呼ばれたような気がしました^^

「떡 드실래요~? 떡」(お餅食べますか~?)と。

周りを見渡すも私しかいない。

声のする方をみると、どこかで見た顔のアジョシが、また言います。

「시장하실덴데 떡 드시고 가세요 」

(お腹すいてるでしょうから、お餅食べていきなさい)と。

---------------------------------------

少し前に梵鐘閣の横にある安養楼の中で、私が話しかけたアジョシでした^^;

いちばん聞きたかったのは、「このお寺の점심공양(昼食)がどうなっているか?」

だったのですが、それを最初に切り出すのも何だったので^^;

「磨崖如来三尊像まで4kmと看板に出ていたのですが、歩くとどれくらい掛かりますか?」

を、最初の質問にしてみました(笑)

「いや~自分は歩いたことがないので、正確なところは分からないけれど

3時間くらい掛かると聞いたことがあったような…」という答え。

誰か帰る人の車を掴まえて、新昌里のバス停まで乗せてもらい、運良くその車が

磨崖如来三尊像方面に行くようだったら、そのまま乗っていけばいいし、

そうじゃなかったら、バスを待てばいいし、そんなアドバイスをいただいていたのでした。

肝心のお寺ご飯は、残念ながら一般の参拝客はいただけないようで…^^;

---------------------------------------

そんな経緯があって、お腹を空かした可哀相なハルモニと思ってくれたのでしょう^^;

「何のお餅ですか?」

「ほら、何だっけ?あれ…」

あれじゃ分かりません^^;

見せていただくとお餅じゃなくて약밥(甘いおこわ)でした。

お供え物だそうです。

お供え物のお裾分けに与ったのは初めてです

何のお餅か質問してる場合じゃないのに気がついて

「아저씨는 이 절에서 뭐 하시는 분이세요?」 と尋ねたのは

アジョシに荷物を預かっていただいて「「解憂所」見物をしてきた後^^;

それで初めてこの方が경비아저씨(警備員)であることを知ったのでした。

お言葉に甘えて약밥を一口、そして韓国のあの甘いスティックコーヒーを

ご馳走になりました。日本のお寺と韓国のお寺の異なる点など話題にしながら。

약밥とふかし芋など、持って行きなさいと勧めてくださいましたが

申し訳ないけれど荷物が重くなるからと、鄭重にお断りしてお寺を後にしたのでした。

Dsc_6678sm

Dsc_6670sm

境内で撮った写真、夥しい数になるのですが

韓国の方のブログ等にリンクを貼って、とりあえず開心寺の記事はここまでにします。

(噂の解憂所だけは、いずれ触れる予定です)

丸投げ状態でごめんなさい(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

どの記事も素敵な画像満載、有用な情報ばっちりです。

http://blog.daum.net/chnagk/11264172

http://blog.daum.net/champ48/3550488

↑の方は私が訪れた2日後の開心寺です。

http://blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=silver7493&logNo=140093259347&beginTime=0&jumpingVid=&from=search&redirect=Log&widgetTypeCall=true

http://blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=mee0102&logNo=60161735529&redirect=Dlog&widgetTypeCall=true

↑NAVERのパワーブロガーの方だけあって、すばらしいです。

桜の季節に、何をおいてももう一度行かなくちゃと思わされます^^

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2011/04/01/2011040101212.html

↑朝鮮日報の記事です

|

« ◆一人だけの映画会・・・『法頂スニムの椅子』再び | トップページ | ◆この危機をどうやって切り抜けよう?…(;д;)(追記あり) »

・忠清南道(충청남도)」カテゴリの記事

コメント

むむ?韓国の方のブログ?聞き捨てなりませんね?
《韓国のほう》だと思ったんですが《韓国のかた》でしょうか?

投稿: こゆみ | 2012年11月 7日 (水) 18時23分

ヤクパプ、当地の名物の赤飯に見た目がそっくりなのです。

 かなり前に忠武路のコルモク市場のトkチpでみつけ、喜んで買ったはいいけどお菓子のような甘さで、でも、もったいないので全部頑張って食べたことがあります。
 他の餅の類はもっと甘いほうがいいのにな、なんて思うことが多いのですが、何でおこわがあんなに甘いのでしょう。

投稿: おとう | 2012年11月 7日 (水) 19時03分

k_sarangさん、その2ありがとうございますm(__)m
丸投げ情報ありがとうございます(^.^)

開心寺、私の好きなものを모아 모아 모아서
って感じで、仕事で疲れきった心と体が癒されました。
行きたい気持ちが募ります。

尋劍堂をはじめ、よくぞ集めた曲がりもの!
こういったものを見るにつけ
「真直ぐなもの、いとあじきなし」です。


スニムに「良いところだと言わないでください」
と言われたにも関わらず、
유홍준先生が本に書いてしまったからか、
かなり人波が来ているみたいですね^^;
そのおかげで、私も知ることができたわけですが。

유홍준先生の北韓編に出ていた해강海岡、
その扁額も早くこの目で見てみたいです。

投稿: とねりこ | 2012年11月 7日 (水) 20時52分

こゆみさん

えっ!?^^;

投稿: k_sarang | 2012年11月 7日 (水) 22時24分

おとうさま
見た目そっくりということは、栗なんかも入りますか?お醤油は?

日本のお赤飯も所変わればで、北海道や東北の一部では

甘納豆を使うところもあるぐらいですから^^。

약밥は、あの甘いところが美味しいんですよ^^

この頃は作りませんが、以前は時々作ったりしたものでした^^v

「美味しい」ことを、「꿀맛이다」と表現するじゃないですか?

好き嫌いは別として…昔から、甘いものは美味しいことになってるんです(笑)

投稿: k_sarang | 2012年11月 7日 (水) 22時29分

とねりこさん

さすが、とねりこさんならではの表現ですね^^

お寺の周囲には、今すぐにでも伐って使えそうな

曲がりくねった太い松の木がたくさん控えていましたよ。

このお寺の「主役」は松の木ですね、やはり(笑)

兪弘濬さんの「문화유산답사기」は初版が20年ほど前に出てますから、
その後わんさかと押しかけたことでしょうね。

日本からもかなり行ってることと思いますよ。

私は、やっとこさ行って来ましたが…^^;

投稿: k_sarang | 2012年11月 7日 (水) 22時46分

韓国からきょう戻りました。
韓国は思ってたほど寒くなく、むしろ暖かい日々でした。

行ったのは鎮安の馬耳山にある塔寺と銀水寺、金堤の母岳山にある金山寺と清龍寺でした。後日にゆっくりと報告させていただきます。

開心寺のこと、ワタシは勉強不足で行ってしまったのですね。ちょっと後悔。今後の糧にします。反省!

投稿: cocoa051 | 2012年11月 9日 (金) 16時31分

cocoa051さん
おかえりなさいませ^^ゝ
魅力的なお寺のオンパレード、ご報告が楽しみです^^

投稿: k_sarang | 2012年11月 9日 (金) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆一人だけの映画会・・・『法頂スニムの椅子』再び | トップページ | ◆この危機をどうやって切り抜けよう?…(;д;)(追記あり) »