« ◆瑞山 開心寺 その2 | トップページ | ◆k_sarangの解憂所紀行^^その5(開心寺) »

◆この危機をどうやって切り抜けよう?…(;д;)(追記あり)

ホテルの部屋に鍵を置いたまま廊下に出ちゃって、「あちゃー^^;」という失敗は

それほど珍しくないと思います。

が、私、自分が部屋に閉じ込められて「出られなくなっちゃった~(;д;)」という悲劇を

体験してしまいました^^;

「そんな馬鹿な~」「ありえな~い」

そんな声が聞こえてきそうですが、本当なんですってば…^^;

場所は瑞山バスターミナル近くのモーテル、夜の10時半ごろ。

チェックインして、鍵を受け取って部屋に入り、荷物を置いて、

部屋の写真を撮る(これは旅先での習慣^^)。

Dsc_6522sm

Dsc_6506sm Dsc_6508sm Dsc_6510sm_2

と、ここまでは、旅の宿でのチェックイン後の通常の流れでした。

「さて、マッコリを買いに行こう」と、ノブに手を掛けるも

ドアが開きません┐(´д`)┌ヤレヤレ。

開かないワケは、すぐに飲み込めたので、内線電話でフロントに電話をするも

呼び出し音ではなく、通話中の音がするだけ。

チェックインの際、フロントにいたアジョシは毛布に包まって熟睡中で、

起きてもらうのに梃子摺ったのでした。

「あの後また眠っちゃったのかなぁ?」

「もしかして受話器を外したまま?」

「う~ん!どうしよう?」

苦肉の策で、携帯からモーテルの電話番号に掛けてみることにしました。

それも話し中なら、電話機は一台しかないことが分かるし

別の方法を考えなければなりません。

部屋の中に電話番号が書かれたものがあったので、それを見ながら

間違えないようにかけたのですが、「この電話番号は使われていない番号です」と

虚しい韓国語の案内が流れるばかり…。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

こうなったら、頼れるのは、110番じゃない、初めての112番か?^^;

モーテルの密室で途方にくれるK_sarang

さて、ここで問題です(笑)

はたして、k_sarangはどうやってこの危機から脱出したのでしょうか?^^

部屋は4階なので、飛び降りはしてません^^

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

23時10分ごろには、翌日のスケジュールを組み立てつつ

コンビニで買ってきたマッコリとキムチ、浮石寺でいただいたお餅で

一人宴の始まり、はじまり…。

Dsc_6513sm

Dsc_6524sm_2

↑閉めたら最後、2度と開かない、文字通りの開かずのドア(悲劇のドアと命名^^)

↑の青いドアが、廊下から部屋に入るドア。

悲劇のドアは、部屋の内部にあるもう1枚のドアです。

青いドアと手前の白いドア(悲劇のドア)の間に壁が見えていますが

その反対側にバス&トイレに通じる別のドアがあります。

ですから、たとえコンビニにマッコリを買いにいく用事がなくとも(笑)

このドアが開かないことにはトイレにも行くことが出来ません^^;

翌朝、チェックアウトも出来ません

Dsc_6523sm 

さて、電話も通じないモーテルの密室から

抜け出すのに、k_sarangはどんな方法をとったのでしょうか?^^

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

----------以下、追記です----------

112番でパトカーを呼んだら、後が面倒くさそうです。

で、開かなくなった木製のドアをゴンゴン叩きながら

ありったけの大声を張り上げて、助けを求めるという

いちばん原始的な方法を取ってみました。

部屋の内部のドアですから、外に聞こえて誰か駆けつけてくれるかどうかは

わかりませんが、とりあえず…

ゴン ゴン ゴン 도와주세요~~!!

누구 없어요~?

도와주세요~~!! ゴン ゴン ゴン

助けてくださ~い、助けてくださ~い!!

誰かいませんか~?って感じですね^^

日本語の「助けてください」に相当する韓国語いくつもありますが、

「살려주세요」では、ちょっと物騒ですしネ^^;

「불이야~(火事だ~)」では、みんな逃げちゃって

助けに来てくれないかもしれないし…

フロントからいちばん近い部屋だったことが幸いしたようです。

来てくれたのはフロントアジョシでした^^v

きっと、この部屋はこんなことがしょっちゅうあるんでしょうね。

駆けつけたアジョシ、「どうしましたか?」も何もなく、

「何でこのドア閉めたんだ?あっちのドアだけでいいものを」と、

一方的に何度も怒鳴り散らし、何事もなかったかのように出て行きました^^

こちらも何事もなかったように、

アジョシに鍵を預けて「ちょっと出掛けてきます」とコンビニへ(笑)。

翌朝は、さらに何事もなかったように、

「開心寺へ行ってきますから、夕方まで荷物を預かってください」と

フロントにリュックを預けて出掛けたのでした^^

---------------------------------------------

ドアが開かない理由は、上の画像をよく見ればすぐに分かります^^

丸いプッシュボタンを押しながらドアを閉めるとロックされる

日本にもよくあるタイプのドアでした。

ドアを閉める時に「あれっ?!」と思ったのです。

普通ならプッシュボタンが部屋の内側に付いているべきなのが

外側に付いてるのに気が付いてはいたのです。

変だな?と思いつつも、手に鍵を持っていましたから

これで開くものと信じて疑わなかったのですが、

一枚目のドアと2枚目のドアは違ったタイプなのですから

1本の鍵が共通なワケはないのですよね、冷静に考えれば。

------------------------------------------------

ドアノブ(錠前)を取り付けた業者のミスでしょうが、そのまんま放置していることが

考えられないコリアンチックなことです^^。

いや~、レアな体験をさせていただきました

|

« ◆瑞山 開心寺 その2 | トップページ | ◆k_sarangの解憂所紀行^^その5(開心寺) »

・忠清南道(충청남도)」カテゴリの記事

・韓国歩きのあれこれ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

 1人分はダメなんじゃないかなぁ?と思いつつ、夜食の店とかに配達をシキョッタ。その際にフロントに事情を話して鍵を借りてもらうよう頼んだ。


 グレンドモテルってターミナルからちょっとソウル方向へ戻った角の1階がウリ銀行で、5、6、7階がモテルとかって所じゃないですか? 5年位前に私も泊まった宿です。違うかな。

投稿: おとう | 2012年11月10日 (土) 16時05分

う~む、これはたいへ~ん! 
子どものころの体験から、正攻法(?)として二つの方法が考えられました。①はドアノブをドア側に押し付けるようにして回したところ空いた。②ドアノブを手前に力いっぱい引っ張ったところノブが抜けてしまって空いた。
あとはおとうさんの指摘された外部(出前など)への事実上の救援かな。

いまだからこそ笑い話になるんでしょうが、けっこう焦ったんじゃないでしょうか。教訓にしたいものです。

投稿: cocoa051 | 2012年11月10日 (土) 16時44分

大声で「살려 주세요」壁をドンドンドン。
これしかないでしょう。冗談です
すみませんm(__)m

これまで韓国で、ちょっと困ったことは何回かありましたが、
これほどのことはなかったので、
是非後学のために解決策をお教えください。

投稿: とねりこ | 2012年11月10日 (土) 21時56分

こんな記事にお付き合いいただいてありがとうございます。
たった今、追記いたしました。

おとうさま
ここに泊まられたことがあるんですか~Σ(゚д゚;)
まさにそのモーテルです^^
ドアは大丈夫でしたか?^^;

cocoa051さん
焦りとかはなく、結構面白がってました。
策が尽きたら112と思ってましたが、
今考えると119の方でしょうかね^^
こういう場合は?

とねりこさん
正解でした~^^
ただし壁ではなくドアで、
「살려 주세요」ではなく「도와 주세요」と叫んでみました^^
もしもこの그랜드파크に泊まられることがあったら
ドアをよく確認してくださいね(笑)

投稿: k_sarang | 2012年11月10日 (土) 22時33分

普通の韓国を探して1326でした。 壁紙は張り替えてありますが、床材は一緒のようですね。 椅子の肘掛の形が違いますが、テーブルは一緒のようです。

投稿: おとう | 2012年11月11日 (日) 09時16分

おとうさま
普通の韓国を探して1326ですか?
どれどれ、見にいってみましょう^^

投稿: k_sarang | 2012年11月11日 (日) 18時32分

さすがの韓国ですね^^;
でも電話はどうなっているんでしょうね?
と、いつも楽しみなksarangさんのブログ。
ちょっと来年1月までは《禁パソ》でコメントもできないかも?です。
溜まると大変ですが、楽しみに溜めて後で見させて頂きます^^v

投稿: こゆみ | 2012年11月12日 (月) 19時49分

こゆみさん

明日から毎日更新しようと思ったのに、それは残念
「禁パソ」症状が出てイライラしたら
見にきてください(笑)
いつでもお待ちしています。
わざわざご丁寧にご挨拶、ありがとうございました。

投稿: k_sarang | 2012年11月12日 (月) 21時04分

おはようございます


 毎日更新、期待しています。

投稿: おとう | 2012年11月13日 (火) 08時00分

おとうさま
「毎日更新」は、こゆみさんに贈る軽い冗談です^^;
何事も簡単に信じてはいけません

投稿: k_sarang | 2012年11月13日 (火) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆瑞山 開心寺 その2 | トップページ | ◆k_sarangの解憂所紀行^^その5(開心寺) »