« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

◆寺の付く駅名(再び追記しました)

日本だと寺の付く駅名が軽く100は超えそうですが、
韓国の地下鉄やその他鉄道駅では、
ほんの数えるほどしかないはずです。

たぶん、仏国寺駅、喜方寺駅、望月寺駅、多率寺駅ぐらい?

もう一つぐらいあったような気もするのですが、思い出せません(;´д`)…

(思い出しましたので、追記しておきます。直指寺駅でした)

再び追記です(2014.6.8)

鎭海線(진해선)に 聖住寺(성주사) 駅がありました。

奉恩寺の近くに出来る予定の新駅は、残念ながら(?)奉恩寺駅ではなく

奉恩駅のようですね。

お寺が人里離れた山中にあるのがほとんどの韓国ですから、

当然ながら駅名には成りえないのですが、

一昨日、その希少な「寺」の付く駅の一つである望月寺(망월사)駅
降り立ってみました。

Dsc_1807

Dsc_1812

そして、今日は中央線の喜方寺(희방사)を通過したのですが、

写真撮りそこなってしまって残念!!(´;ω;`)ウウ・・・

今回の旅も↓こんなんを楽しんでおりますhappy01

Dsc_2183

| | コメント (2)

◆韓国映画をタダで楽しもう^^

韓国映画が無料で観られます。

パソコンさえあれば、いつでも好きな時間に…

-----------------------------------------

セウォル号沈没事故、それを知ったのは当日の夜9時半頃のことでした。

その日も残業。帰宅後パソコンを立ち上げ、まだニュースが終わってないなと

KBS1にアクセスしたところ、何だか緊迫した状況が伝わってきます。

修学旅行生を大勢乗せた船が、珍島沖で沈没し、多くの犠牲者が出た模様。

安山檀園高校の就学旅行生の保護者たちには「全員無事救助」のメールが

間違って送られたこと。安堵から絶望に変わった保護者たちの悲しみと怒りの声。

乗客の救助を放棄して逃げ出した船長や乗組員たちの様子。

セウォル号という船が日本製で、韓国側が中古で購入したものであること。

繰り返し繰り返し、耳に入ってくる「ペンモッ港」「トンゴチャ島」ってどんな漢字?

と地図で確認すると、それぞれ「彭木港」「東巨次島」であることが分かりました。

(その後、メンゴル水道のメンゴルが孟骨であることも知りましたが)

その日のKBSニュースで知りえたことはこれくらいでした。

ニュースの時間が終わっても、KBS1はこの大惨事の報道のみ。

(情報量が少ないので、ずっと同じ内容の繰り返しなのですが…)

あれからすでに一ヶ月が過ぎ…

連日の関連報道は目を覆いたくなる、耳を塞ぎたくなることばかり。

あれは事故ではなく、起こるべくして起こった事件であるという感を強くもちました。

本日、朴槿恵大統領が海洋警察庁の解体を含む省庁再編など

抜本的な改革断行を表明したそうですが、組織や人事の改革に留まらず

かの国が安全不感症から早く抜け出せるよう、望むばかりです。

それにしても犠牲が大きすぎました。

-----------------------------------------

タイトルの「◆韓国映画をタダで楽しもう^^」ですが、

セウォル号事故当日の夜、KBS1を23時過ぎまで観たあと、

もっと何か情報はないものか?とNAVERのページに行ったところ、

偶然トップページにあって見つけてしまったのが

古い」映画が無料で楽しめるサイトでした。

http://tvcast.naver.com/v/127761/

↑↑クリックと同時に音声が流れますのでご注意!!

翌日も仕事だというのに、ついつい深夜遅くまで見入ってしまいました^^;

現在このサイトで観られる中で、いちばんのお勧めは『사랑방 손님과 어머니』。

申相玉監督。

この映画に登場する옥희(オッキ)という女の子の可愛らしさに完全ノックアウト。

声、台詞、顔の表情、さまざまなしぐさに悩殺されました^^

かつて、この映画は字幕付きで観たことがあったのですが、

きっとその頃は字幕を目で追い、ストーリーを理解することに追われて

옥희(オッキ)の可愛らしさに気づかなかったのかもしれません。

人生の大きな不覚でした(笑)

幼稚園児役の옥희(オッキ)ですが、実年齢は11歳くらいだったようです。

主役の美人女優:崔銀姫 (申相玉の配偶者)、そして当時の映画によく登場する

男優:김진규(金振奎)よりも옥희(オッキ)役の전영선(全映嫙がダントツ光ってます^^

私とほぼ同年齢ですが、今どうしてらっしゃるんでしょう?

とても気になります^^。 1961年の映画です。

ロケ地も気に掛かり検索してみると、水原市であることが判明。

しかも華城行宮のすぐ近くに、この韓屋が現存している(ヾ(*゚A`)ノ)。

☆-----☆-----☆-----☆-----☆

朴景利原作の『漂流島』もありました。

残念ながら『金薬局の娘たち』はありませんでした。

これから追加されたら嬉しいのですが…。

☆-----☆-----☆-----☆-----☆

ここで記事本文とは何の関係もない動画を一本載せておきます^^

韓国のバスの車窓からの風景です。

こちらも、バスの中で掛かっていた曲が流れますのでご注意 !!

(♪사랑이여 1981年 유심초 노래)

| | コメント (4)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »