« ◆三江酒幕(삼강주막 サムガンチュマク)   | トップページ | ◆地方統一選挙戦 街角風景@韓国 その4 »

◆웅도(熊島 ウンド)へ行く道 その3

웅도(熊島 ウンド)へ行ったのは、一昨年(2012年)の5月でした。

そして昨年(2013年)の夏に、熊島に橋が架けられるという風の便りを聞きました。

年内(2013年)には完成の予定ということでしたが、多少遅れたのか今年(2014年)の

2月初旬に開通式が行われました。

開通式の様子はこちらで↓

http://blog.naver.com/nanonly/90190111606

Im0000645905

『おお~~っ!橋だ~!橋が架かってるhappy01

(って、行ったわけじゃないんですが(;;;´Д`)ゝ)

↑手前が陸地側。橋の向こう側が熊島です↓

Im0000645906

もっと橋脚の高い橋を想像していたので、画像を見てエッ!と意外に思いましたが

世帯数50戸ほど、人口150人程度の島に서해대교(西海大橋)みたいな橋が

架かるわけないよね~と、納得した次第happy01

1日2回の干潮時のみ通行可能だったのが、これで一日平均20時間以上

往来が出来るようになったそうです。

(潮の関係で24時間通行可能な日が月のうち10日、

その他の日は通行不可な時間帯があるようです)

島の住民たちの悲願が、ついに叶い、めでたし、めでたし、といったところでしょうか。

ところで、上の写真、ぱっと見には、かつてのコンクリート道路とまったく同じ位置に

出来たように見えますが、新たに架けられた橋は、陸地側から見ると右側に、

島側から見たら左側に出来ています。

干潮時には、コンクリ道路と、新しい橋とが、2本平行して見られるのかな?

Im0000645907

↑熊島側からの画像ですが、右側の冠水していて途切れて見える道路が、

かつて私(=k_sarang)も、一往復歩いたことのあるコンクリート道路。

こうしてみると、橋はぎりぎりの高さで造られているんですね。

歩くにしろ、車にしろ、満潮時にこの橋渡るのは、すごい恐ろしそうcoldsweats02

(ここまでに使用した3枚の画像はWEB上から拝借したものです)

-------------------------------------------------------

ここからは、2年前に私(=k_sarang)が撮影した画像たちの登場ですhappy01

Dsc_455030

危険danger  水没事故多発地域

潜水橋が浸水した場合、車両絶対通行禁止

 この潜水橋は路面が水に浸かった瞬間から急流のため

 車両が海に転覆する事故が頻発している場所です。

 道路が浸水し始めた瞬間から車両等一切

 通行しないよう注意してください

 瑞山市長 瑞山警察署長

Dsc_527730

溺死事故 発生地域

満潮時 自動車の通行を禁止します

 大山邑長

かつて浸水している道路を、島から陸地側に渡ろうとした車が

海水のためかコンクリート道路の途中でエンストし、車から降りて

歩きだしたところ、波に飲まれて一家4人が亡くなるという悲惨な事故も

あったそうです。

満潮・干潮に関係なくいつでも渡れる橋が完成して、こんな危険や、

また生活上の様々な不便からも解放されたであろう웅도(熊島 ウンド)ですが、

これからどんな風に、あの島が変わっていくのでしょうか。

気になるところでもあります。

と、ここで、この記事を締めくくるはずだったのですが、下に貼り付けた

コネストさんの地図を見て、「そうだ!やっぱりあのことにも触れておかねば…」と

思いました。

陸地側から熊島への途中にモゲ島という島があるのが確認できるかと思います。

この島までのアプローチ、ここも橋ですが、いわゆる潜水橋ではなく、

いつでも通行可能な橋なので、何の気なしに渡ったのですが、実は非常に

老朽化していて崩壊の危険性があったんだそうですι(´Д`υ)アセアセ。

(怖い国ですよ~!韓国ってhappy01

この部分も最新工法を取り入れて安全性を高めたとのことですが、

どんなふうに変わったやら…

◆웅도(熊島 ウンド)へ行く道 その1

◆웅도(熊島 ウンド)へ行く道 その2

◆島の分校 (大山小学校 熊島分校

|

« ◆三江酒幕(삼강주막 サムガンチュマク)   | トップページ | ◆地方統一選挙戦 街角風景@韓国 その4 »

・忠清南道(충청남도)」カテゴリの記事

・韓国歩きのあれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ◆三江酒幕(삼강주막 サムガンチュマク)   | トップページ | ◆地方統一選挙戦 街角風景@韓国 その4 »