美味@雑食

◆松竹梅^^

長かった猛暑もいつしか過ぎ去り、秋を実感する今日この頃。

今朝の通勤途中の風景です。

P9283868sm

気持ちのいい、実に気持ちのいい秋空が広がっていました。

2年前から漬けるようになった『竹の葉酒』。

単独でも充分に美味しいのですが、これに何かをプラスしてみたくって

昨年、陳皮(みかんの皮を干したものです)を加えてみました。

どんな風に仕上がったやら、まだお味見をしていないのですが…

それと、松葉が入手できたら入れてみたいな~と機会を狙っていました^^

松の木、どこにでもありそうで案外ないんです。

(私の生活圏にはですが…)

韓国だと松餅用に道端で売ってたりするんだけどな~^^

徒歩通勤途中にある松の巨木。

これは巨大すぎて、手の届くようなところに枝がない^^;

いつも恨めしげに、眺めながら通り過ぎるだけでしたが

この夏、嬉しいことにチャンス到来。

朝早い時間、枝を刈り込んでいるところに出くわしたのです。

クレーン車(?)のアームに取り付けられたアレ、何ていうんだろ?

ワゴン(?)のようなのに乗った若いお兄さんがばっさばっさと伐っては

荷台に広げられたシートに投げ落としていたのです。

お兄さんの手許が狂ったのか、シートではなく路上にポトリっと落ちた1本を

すかさず拾って職場へ^^;

P9283869sm

左右に伸びていた枝は大分間引かれ、幹のてっぺんも伐られて

わっさわさに繁っていた松、今はご覧の通り、すっかすか。

見通しがよくなりました^^

持ち帰った松の枝。

松葉をむしって、今年の初夏に漬けた『竹の葉酒』に入れてみました。

来春、これに梅の花など浮かべて楽しんでみようかと…bottle happy01

| | コメント (2)

◆初めてヘチマを食す。

長く生きていると、いろんなことに出くわすもんです、ホントに…^^

先日、職場の同僚(中国人女性)からいただいた大きな1本の「ヘチマ」。

約30cm。

P9043048sm_2

教えていただいたレシピを少々アレンジして、さっそくお料理してみました。

まず、皮を剥いてと…

P9043050sm

断面は…

P9043052sm

P9043054sm

『あさり、卵と一緒に炒めると美味しい。味付けは塩 』と伺い、

少々残業をしての帰宅途中スーパーに寄る。

しじみとハマグリはあるものの

残念ながらあさりは売り切れ^^;

なので、あさりの水煮缶詰を利用。

前日の使い残りの豆苗も加えて出来上がったのがこんな一皿↓。

P9043056sm_2

初めて食した‘ヘチマ’ですが、少々ぬめりがあって、

きゅうりともゴーヤとも冬瓜などともまったく違った食感。

美味でございました~note

そして、この翌日。

ソウルは江南区の某所。

P9053229sm

道端のパラソルの下は野菜さんたち。

近づいてみると…

おゝヘチマが売られているではないか^^

P9053228sm

喘息や風邪に特効ありと書かれていますよ。

幸い、喘息にも風邪にもご縁はないけれど、

来年は植えてみようかしら?ヘチマを。

ヘチマと卵の炒め物、これを中国語では、

丝瓜炒蛋(sīguā chǎodàn)というそうです。

来日5年になる彼女ですが、懐かしい味の丝瓜炒蛋食べたさに

ヘチマの苗を買って育てているのだと聞いていました。

4本収穫したうちの、貴重な1本をお裾分けにあずかり、

おかげさまで、初めてのヘチマ料理を味わうことができたのでした。

| | コメント (2)

◆博多料理と韓国宿(´ρ`)

ちょっと遠くで呑むと、帰宅が面倒になりませんか?

は~いpaper私、なりま~す(笑)

というわけで、まずは泊まるところを確保。

そしてその周辺で呑むお店を決めてという順序で、

今週の新年会が成立^^

結果、『博多料理』に『韓国宿』という珍妙な取り合わせとなったのでした。

場所は池袋。

『博多料理 ぶあいそ 西池袋店』

P1262028sm 

↑白地に白文字、「ぶあいそ」のが見えない箸袋^^

P1262026sm_2

お刺し身盛り合わせ

もつ鍋:キャベツの下に、もつが隠れています。

キャベツの甘味がことのほか美味しゅうございました^^

P1262027sm

乾杯のビールbeerのあとは、ずっと焼酎bottle

P1262035sm P1262044sm

飲み放題っていうのはいけませんネ。

呑めないくせに、ついつい呑みすぎてしまいます^^;

P1262032sm

お店ご自慢のやみつき手羽先と卵焼き↑

大根サラダ

P1262031sm

馬刺し盛り合わせ

P1262036sm

↓こちらもお店ご自慢、羽根付きギョーザ

P1262038sm

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

いい気分で「韓国宿」こと『ビジネスホテル韓国館』へ向かいます

じゃらんネットにリンクを貼りましたが↑、楽天トラベル等でも紹介されています。

韓国のモーテル並みに安価で泊まれて、500円プラスで美味しい朝食restaurantが楽しめます。

お部屋の狭さは고시원(考試院)並みかな。

고시원(考試院)を覗いたことはないけれど…。

何でも面白がる向きにはお勧めの宿かも^^;

P1262046sm P1262045sm

P1272050sm_2 

P1272051sm

P1272052sm

P1272054sm_2

こんな宿を選ぶのって、我々のような韓国オタク(^^)ばかりかと思いきや

朝、食堂で出合った方々は全然違いました。

奈良県から一人で来ていた女性は、

安い順で検索したらこの宿がいちばん上にあったというケースhappy01

二人連れの女性は、東京芸術劇場のある催しの関係者の方。

徒歩5分程度ですから、近くて安くて何日も滞在されるには好都合ということでしょう。

先週、今週と新年会が続きました。

来週も「食べ飲み放題」の新年会が一つ待ってます^^v

| | コメント (6)

◆つみれじゃないよ^^

「これ、なあ~~んだ?」シリーズ

 

第2弾です(笑)

(第3弾はありません^^;)

 


 

不味そうなつみれ?

 

じゃありません^^

 

お団子です。

 

が、ただの団子じゃありません。

 

さあて、なに団子でしょう?

 

 

 

 


ある葉っぱを茹でて、すり鉢でスリスリ。

 

これぐらい細かくなったら大丈夫かな?

 

 


これと、団子の粉をコネコネしたものを合わせ、

均一に混ざるよう、手でさらにコネコネ。

 

小さく丸めて茹でるとこうなります。

 

 

 
 

 

薄甘く煮た金時豆を添えて、蜂蜜たら~り掛けていただきました。

 

素朴なお味です♪

 

 

 

 


別バージョンもあります。

 

 

 


 

 

 


 

このお団子に練り込んだ葉っぱは、

 

よもぎでもほうれん草でもなく、これです。

 


 


↑の画像は6月初旬のもの。

 

今は、草丈が2メートルを超す勢いです。

 

 


大きな葉っぱは硬そうなので避け、

 

若い葉っぱだけ(黄色い●印)を摘み取って…

 

 


 

少量なので、小さなお鍋で茹でてみました。

 

この葉っぱを茹でたのは初めて。

 

かなりヌメリが強いです。

 

やはりイラクサ科の植物です。

 

子どものころ大好物だった

 

とろっとろの「ミズたたき」を思い出します^^

 

ミズ(うわばみ草)の茎を叩いて味噌を混ぜただけの素朴な味。

 

 

 

茹で汁はきれいな黄色。

 

やはりヌメリのあるモロヘイヤの茹で汁で

 

淡い黄色に染まったことを思い出し、

 

 


この茹で汁で、ハンカチサイズくらいの残り布を染めてみました。

 

淡いながらも、きれいな黄色に染まってくれました。

 

残念ながら画像の色が、実物とはかけ離れています^^;

 


 

今回お団子に混ぜた植物は、イラクサ科のカラムシ

 

カラムシ:苧麻(ちょま)ともいう

 

韓国語では모시(モシ)、このブログにはよく登場します。

 

ポジャギの素材のなかで、

 

私はこのモシがいちばん好きかもしれません♡

 

http://myhome.cururu.jp/pojagi/blog/article/41002121570

 

http://myhome.cururu.jp/pojagi/blog/article/41002008451

 

http://myhome.cururu.jp/pojagi/blog/article/41001999119

 

たとえば、↑のような作品の素材に使われているモシという布、

 

このカラムシの茎の繊維で織られています。

 

繊維を採るなら、ちょうどいいくらいに育っています。

 

 

織姫にはなれないので、ちょっとお腹のなかに収めてみたのでした。

 

6月のことです。

 

 

 

| | コメント (0)

◆これ、なあ~~んだ?

ぱっと見には「水ようかん」っぽいでしょhappy01

 

 

 
でも違うの^^
 
 
さて、何でしょう?
 
 
明日までの宿題にしたいところですが
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正解、行っちゃいま~すflair
 
 

 

 



restaurant自家製ドクダミ茶ようかんでした^^v

 

きび砂糖を少し入れて、薄甘くしてあります。

 

たくさん煮出して飲み切れなかった分の

 

いわば、リフォーム料理です。

 

つるりっと喉を通ります。

 

食欲のないときの朝食によさそうだっscissors

 

 

 

| | コメント (0)

◆梅仕事終わる

6月1週は青梅で梅酒barを漬ける。

 

6月2週はらっきょう漬け。

 

6月3週に届いた完熟梅で、やっと今日『梅干し』を漬けました。

 

 

 


梅干用の完熟梅。

 

 

 

香り高いりんごのようでもあり、

 

甘~い桃のようでもある芳香が

 

ここ数日プンプン漂っていた。

 

このまま生で食べられないっていうのは

 

いかにも残念。

 

 


 

5キロの梅のなかから500gだけを『梅サワー』にしてみる。

 

これは今年初挑戦。

 

レシピはこちらを参考にさせていただきました。

 

 


 

残りの4.5キロは梅干しに。

 

 


 

 

 


梅仕事というには

 

あまりにも、ちょびっとですが。

 

それでも

 

梅を漬け終えると、ほっとするものがありますhappy01

 

 

| | コメント (0)

◆カラフルを楽しむ♪

restaurant先週、ある日の朝ごはんですが…

 


 

 

 


パプリカに詰めてあるのは、高菜チャーハン^^

 

 


----------------------------

 

パプリカ詰めのアイディアは

 

ソウル安国洞の自然食レストラン

『마나님 Recipe(マダムのレシピ)』のメニューから^^

 

(旧・桂洞마님→改名→現・桂洞마나님 )

 


 

 

 


restaurant『마나님 Recipe』

ソウル市鍾路区安国洞17-1

telephone02-722-2337

| | コメント (0)

◆とろけるような幸せ♡

こんなとろけるような幸せをいただけるとは

あの頃、私はつゆ知らず。

あなたに、刃物まで向けてしまいました。

それも、一度ならず、二度までも。

 

(えっ!何のこっちゃ?と思われた方はこちらへ)

 

 

ともあれ紆余曲折を経て、私の愛はカッキー君に届いたようです♡

 

 

お目に掛けます♪

 

 

♥愛の結実♥ その1


初めての、「柿の葉鮨」です

 

昨夜10時過ぎに、雨の中、カッキー君の葉っぱをもらいに外へ。

1枚、2枚……30枚clover

 

しめ鯖は生協の、片身2枚で\380^^

 

胚芽米+黒酢、そして白砂糖ではないので

ご飯がこんな色です。

 

 

 

酢飯を作って軽くにぎり、適宜切ったしめ鯖をのせ

柿の葉に包んで平らな容器にびっしり並べました。

 

適当な容器がなかったので、お正月に切り餅用にしている密閉容器を利用。

30個ぴったり並びました。(2合分のご飯です)

ぎゅうぎゅう詰めくらいがいい感じだと思われます。

 

 


表面を何枚ものラップで覆い、さて‘重石’を何にしよう?

 

重たいものと言えば辞書です。

ちょうどサイズの合いそうな1冊を載せ、さらにサイズを合わせて本を数冊。

こうなると容器の蓋は使えませんから、大きなビニール袋に容器ごとすっぽり入れて

口を側面の方でしばる。

まだ重石が足りないような気がして、上にアイロンをポンと載せる。

何しろ重くって身近にあるものといったらアイロンですから^^

 

これを室温で放置。

柿の葉&酢の防腐・殺菌作用でだいじょうぶなはずです。

 

約12時間くらい経ったところで、

待ちきれず覗いてみました。

 


‘重石’効果、あったようです♪

 

 

 

と、いうわけで、ブランチにいただいちゃいましたrestaurant

 

今まで食べたどの「柿の葉鮨」より美味でございましたhappy01good

 

 


 

 



 

甘酢生姜も自家製ならば

ランチョンマットも柿渋染めのお手製です♪

 

 


 

♥愛の結実♥ その2 は何になるかな?
 
すっかり味をしめた「柿の葉鮨」再び?
 
それとも「柿渋染め」?
 
その前に「柿の葉茶」?

 

 

 

| | コメント (0)

◆粗食のオンパレード^^;

スーパーの乾物売り場で、つい手に取ってしまった何とか印しの切干し大根^^

 


 

 

 


 

 

で、切り干し大根のサラダ

 

 

 


 

 

さっとあぶった海苔を散らして…

 


 

 

ぶなしめじをバターソテーしただけ。


 

銀だらの酒蒸し、えのき茸の酒炒り、レンジでチンのお豆腐

 


 

以上、この1週間『塩ぽんず』で楽しんだ料理ともいえない料理たちrestaurant

 

はい!『塩ぽんず』空っぽです^^

 


| | コメント (0)

◆初めての塩ぽんず

いただきました。

話題の塩ぽんず

 


 

 

restaurant初めての塩ぽんずは、たっぷりの紅茶でコトコトゆでたpigと合わせてみました。

 


 

 


 

ドレッシング風に全体に回しかけないで

容器に入れた塩ぽんずをつけダレ風にして…

 

気に入りました♪

ごちそうさまでした。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧