ハンドメイド

◆ネルの温もり

ハギレの掘り出し物の中にあったネルの布。

105cm幅×0.5m。

 

膝に乗せてみると、じわ~っ、ほわ~っと暖かさが湧き出てくるようです。

二つ折りにしてボツボツと大きな針目で縫ってみました。

太い針、糸は甘撚りの刺し子用。

 

 


 

布端の始末は無しで自然なフリンジに。

 

水玉模様と縫い目の白がボタン雪のようでお気に入りnote

 

 




糸端の玉留め・玉結びも表に出してアクセントに^^

 

 

 


ひざ掛けによし、ランチョンマットによし、包んでよしの多用途な布の出来上がりnote

 

 


子どもの頃よく触れたからでしょうか。

ネルという音の響きにノスタルジアを感じます。

 

500円以下の布遊びでした♪

| | コメント (0)

◆唐辛子を振りかけたからって…

昔むか~しその昔、何かを作った残り布で、

ポケットティッシュカバーを作ってみる。

 


 

 

そして、それに唐辛子を一振り^^

 

コリアンテイストを出そうと試みたのだけれど^^;

 

 

 


う~~ん^^;

淡いグリーンなのに、

どう見たってグレーにしか見えないこの画像。

 

何でグリーンがグレーなんだ??weepangry

 

| | コメント (0)

◆染めの副産物でハンカチを♪

先日の蘇芳染めの副産物。

 

ほんわかピンクに染まったガーゼですが、

 

レース糸で縁取りし、ハンカチにしました。

 

これは惜しげなく使えます。

 


 

レース糸は、昔むか~し赤ちゃん用品を作るときに使った残り物^^


 

| | コメント (0)

◆ブームですねぇ^^

このところ「布ぞうり」作りがブームですねぇ。

いったい第何次ブームになるのか?

 

 

作り方の載った雑誌など、何冊も手元にあるというのに

この夏、2冊ばっか新たに買ってしまいました^^;

 

雑誌を眺めただけで、作った気になっていたところへ、

知人から「布ぞうり」の画像が送られてきました。

 

今日のことです。

 

すっかりサボり癖のついてしまったこのブログ。

 

「この画像でも使って更新しなさい」

という

メッセージと解釈し、

更新する次第であります(笑)

 

 


作者からの情報に寄りますと、片方作るのに要する時間、約3時間。

両方同サイズに作るのが結構大変らしい。

 

私は涼しくなったらボチボチやってみようかな?と^^;

| | コメント (0)

◆渋いもの同士で…

この春に買った

桜が散りばめられた渋い色目の木綿布↓と

 

 

 


 

1昨年染めた青柿染めのモシ↓とを組み合わせて、

真夏に着るブラウスを作ってみました。

 


 

手縫いでチクチクとネ。

貫頭衣スタイルですから、着古して解いたら

元の長方形の布に戻ります。

 

そしたらポジャギにしませうか♪

 

 

 

 


前↓

 


 

後ろ↓

 


상침(ステッチ)や박쥐(こうもり飾り)など

ポジャギテイストぷんぷんの貫頭衣です。

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

◆渋い誘惑にも弱い^^;

昨日は「あっちのオカ○ヤ」、「こっちのオカ○ヤ」と、都合6回ほどレジに並んだ^^;

 

夕方、閉店間際の「こっちのオカ○ヤ」でのこと。

買い物終えて、さて帰ろうとエスカレーターに向かう途中、

見てしまったワゴンの中の『渋い桜』cherryblossom

 

 


まるで柿渋染めのような色合いの木綿。

これはいくら?とひっくり返してみると・・・

 


えっ!?ナニナニ?

2色の布が入ってるの?

さらに、側面を見ると・・・

 


もう1色見えてるような・・・

店員さんの了解を得て、帯封をはずし広げてみると・・・



 

 


これはもうソク買い♪

 

眺めているだけで楽しい布ですshine

| | コメント (0)

◆失敗は進化の元^^

一つ前の記事、さりげな~くUPしてましたが、

実は・・・

 

裏布を裁断しようとして、表布に薄手の接着芯を張って用意した本体を、誤ってスパ~っと斜めに切ってしまったのです。

このサイズで8cmの傷は致命傷weep

 

とりあえず、それは置いといて、

新たに布を裁って作ったのが

本日午前中UPのもの。

 

さて今日は、致命傷を繕ってもう一つ作り上げました。

内ポケットも付いて、ちょびっと進化したかな?

 

 

 

 


 

↓生々しい傷跡は、継ぎはぎでカバー^^;



サイズ:15.5*9.5*1.5cm

素材:モスリン

| | コメント (0)

◆懐紙入れにも袱紗(帛紗)挟みにも・・・

布をいただきました。キモノを解いたもの。

素材はモスリン。

 


キモノにしては斬新な柄ではないでしょうか。

 


蔓性植物が好きな私は、この唐草模様にググッと惹かれ・・・^^

 



この藍色を生かすために、

先ず同色薄手の接着芯を張り、

続いて極厚の接着芯、

さらに板目紙を芯にして一枚の板状に。

 

裏布は布団屋さんの閉店セールで入手したものを使用。

 


これを二つ折りにし、

脇を「千鳥かがり」して出来上がり♪

 



モデルは永年愛用のこちら↓

 

 


サイズ:15.5*9.5*1.5cm

| | コメント (2)

◆寄り道・迷い道

ポソン(朝鮮足袋)作りを小休止して、台湾みやげにいただいたボタンの似合う小物を作るはずだった。

作るものはすでに決まっていて、布を取り出そうとしたとき、見慣れない布の一かたまりが目に飛び込んできた。

コレが迷い道への入り口。

 

半年ほど前にいただいてそのままになっていたハギレ。

そのなかに、日頃私が使わないちょっと変り種の布があった。

ざっくりした織模様と思い込んでいた布が、手にとってよく見ると、どうやら刺繍のようだ。

それも手刺繍。

 

形は帯状の細長ーい台形。

 


幅は10cm。

51cmと45cmのところで斜めにスパッとカットされている。

よしっ!この形をそのまま活かしてあれが出来そう^^

 

同じ袋の中にお誂え向きのシルクサテンのようなハギレもある。

にんまりhappy01

 

 


ちょうど斜めにカットされた部分でバイアステープを作り、刺繍布の断ち切り箇所をくるむ。

 


そして一気に・・・

と言っても、手縫いでチクチク。

 

出来上がったのはこちら↓です。

 


 

さてさて、何入れに使おうか?

 


そんなわけで、ボタン(台湾みやげ)の似合う可愛い小物は次の機会に^^

 

ところで、斜めにカットされた残りの布は

今頃どこで何してるだろ?wink

| | コメント (0)

◆捨てられないシリーズ★その1

には「もったいない病」という持病があるようです^^

形あるもの、ポイポイとはどうしても、どうしても、捨てられないのです。

それらの品々をとりあえずは画像に残し、いずれ処理法を考えたいと思う今日この頃・・・。

 

<シリーズ★その1>は、昔むかし子どもに編んであげたセーター。

雑誌で見つけたキリンさんの編み込み、「これは可愛い!」っと、勇んで編み上げたものの、

子どもはセーターを嫌がり、一度試着しただけに終わったシロモノですshock

 

年末、久々に取り出してみたら、虫食いの跡がポツポツと・・・。

 


 

 

 


 

 


 

 


はぁ、どうしよう・・・コレ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧