・韓国歩きのあれこれ

◆韓国・国内線の旅もまた楽し その2

最近の画像ではありませんが、金浦空港から金海空港まで空の旅を

楽しんだときのものです。

アシアナ航空で予約しましたが、共同運航のため機材はエア釜山airplane

Dsc_0156

予定通りに、金浦空港を飛び立ち…。

Dsc_0168s

事前座席指定せずに直接、しかもぎりぎりにチェックインすると

このときも空いていたのは最後部の窓際の席でした。

Dsc_0191b

Dsc_0192b

↑↑(2枚の画像)眼下に特徴ある川の蛇行が見えていますeye

20130805_180241

(WEB上から拝借した画像です↑)

「もしや、寧越の韓半島か?」と思い、急ぎシャッターを切ったのでしたが、

このときの時刻9時06分

その地形が、まさに韓半島(朝鮮半島)そっくりであることから

江原道・寧越郡 韓半島面などという地名まで付けられて

一望できる展望台が造られ観光地になっている場所ですが、

8時30分に金浦を飛び立った飛行機が 9時06分ごろに寧越の上空を

飛んでいるわけはないですよね。

そもそも金浦→金海(釜山)行きの便が寧越上空は通らないでしょうし…。

と、いうわけで、私が上空から撮影したこの場所は安東辺りでしょうか?

Dsc_0206b

9時半ごろ、無事に金海空港(釜山)到着です。

★゜・。。・゜゜・。。・゜★追記★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・

コメント欄で、星州湖だと教えていただきましたので 地図を貼り付けてみました。

(2014.1.16)

| | コメント (6)

◆k_sarangの解憂所紀行^^その7(醴泉 龍門寺)

醴泉 龍門寺に足を運んだのは、このお寺にしかない高麗時代(朝鮮時代という説も

 あり)に作られたという윤장대(輪藏臺) を見るためでした。

が、この記事は、かなり衝撃的(?)だった解憂所(toilet)での出来事のみです^^;

1403810804640_2

↑風に揺れる芍薬の花の画像は윤장대(輪藏臺)のある大蔵殿の前で撮って、

すぐにソウルの友人に送ったもの。要所要所で、こうして写メしておきます。

何かあったときにk_sarangの足取りを辿る手掛かりとなるようにcoldsweats01

下方に見えるのは鐘楼で、さらにその下、境内の一番低い所に解憂所(toilet)はありました。

近くにあった案内板も、建物に掛けられた看板も真新しい。

解憂所(toilet)の建物自体も、境内でいちばん新しく建てられたもののように見えました。

1403810888689

Img_935650 Img_935750
↑の画像は太白駅のトイレでの撮影ですが、

양변기(洋便器)、좌변기(座便器)と表示されています。

龍門寺の解憂所(toilet)は좌변기(座便器)のみのようでした、たぶん。

男性用の方は覗いていないので分かりませんが…。

何気なくいちばん手前の個室に入ると、な、な、なんと便器内に

立派な置き土産が一つ…coldsweats02

F01

「ぎゃ~~!!」と反射的にドアを閉め、恐る恐る次の個室を開けると

またもや立派なブツが…「ぎゃ~~!!」

「なんで流さないのよ?pout

「もしかして水が出ない??」

「次の人が流して出るのが、この地方のキマリとか…??」

独り言の世界です(笑)

三つ目のドアを開ける。

置き土産のない普通の個室でホッとするwink

先ずは水を流してみる。

「なんだ、ちゃんと流れるじゃん(笑)」

実は、ワタクシこのときとっても悩みました。

「この置き土産を流して(お掃除して)帰るべきか、否か?」

結局、見て見ぬ振りをして龍門寺を後にしたのでしたが、

この旅から帰って、10日目ぐらいに旅のすべてが収まったSDカードが

机の上から忽然と消えてしまうという私にとっては大事件が起こったのです。

後悔しましたねweep

あのとき、悩まず、迷わず、徳を積んでおけばよかったと…。

人生というもの、しないで後悔するより、して後悔。

これまで散々学習してきたはずなのに^^;

あのとき、そのまま帰ってきてしまったことに

ずっと後ろめたさを引きずっていたのです。

やはり、あの一件のせいで、運(ウン)に見捨てられたとみえます(苦笑)

-----------------------------------------------------

と、SDカードの行方を捜すこともなく、すっぱりと諦めておりましたが、、

ちょうど3ケ月経った先月(9月)半ばに、ひょっこりと姿を現しました。

データも、もちろん無事でした。

やれやれ…

| | コメント (4)

◆地方統一選挙戦 街角風景@韓国 その4

このシリーズは、その3でお終いのつもりでしたが、

たまたま休日の朝に見た韓国KBSのTVニュースが、

あまりにも衝撃的((lll゚Д゚))だったため、その4を書いて

締めくくらねばという気持ちになりました。

ちょうど4年前に撮ったお誂え向きの画像も手元にありましたので…

http://news.kbs.co.kr/news/NewsView.do?SEARCH_NEWS_CODE=2875772

まずは、↑のニュースからどうぞ!

動画は、会員登録(無料)をしないと観られないかもしれません。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

私が衝撃的と感じ、憤慨した内容は、こういうことです。

夥しい数の横断幕(垂れ幕)、選挙が終わったら当然のこと

候補者側が撤去しなければならないことになっているにもかかわらず、

そのほとんどが、『選挙が終わったら、オラ知らねぇ~』とばかりに

放置されたままだというのです。

大邱(テグ)地域での調査によると、自発的に撤去したのは20~30%に

過ぎないそうです。

何ということでしょう。驚愕に値する数字だと思いませんか。

で、どうするかというと、候補者陣営に代わって自治体が撤去作業をしているのです。

政党関係者の言い分は、

『選挙が終わると会計報告だとか選管への報告など、いろいろあって忙しいんですよ』

もう、こうなると、憤慨を通り越して、「お笑い」です┐(´д`)┌ヤレヤレ

◆地方統一選挙戦 街角風景@韓国 その3 に画像を載せた

撤去作業現場にたまたま遭遇したのは、2010年の6月地方統一選挙

投票日の翌日でしたから、あれは自発的に撤去のケース。

↓こちらは、やはり4年まえにソウルで偶然見かけて撮影した

鍾路区のトラック。、

Img_302950

↑トラックに積まれた大量の横断幕(垂れ幕)が、何の横断幕なのかは

分かりません。

撤去回収の途中なのか、あるいはリサイクルのために運ばれるのかと

思いながらシャッターを切ったのですが。

というのも、この写真を撮った時期から、さらに遡ること2年、

こんなブログ記事を書いたことがありました↓

http://midorippo.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post-f8db.html

憤慨したニュース記事に話を戻します。

放置されたままの選挙用横断幕(垂れ幕)を自治体が回収して、

街路樹の落ち葉を入れる袋にリサイクルしていたこともあったそうです。

B3abbfb1_bcf6b0ebc6f7b4_beb2b7b9b1a

↑こんな袋のことですが、顔写真や名前が露出することから

候補者側といざこざがあり、今はリサイクルも出来ずにいるそうです。

個人情報保護だの、選挙法に抵触するだの言う前に

『とっとと自分たちで片付ろ!』と、k_sarangは言いたいhappy01

| | コメント (0)

◆웅도(熊島 ウンド)へ行く道 その3

웅도(熊島 ウンド)へ行ったのは、一昨年(2012年)の5月でした。

そして昨年(2013年)の夏に、熊島に橋が架けられるという風の便りを聞きました。

年内(2013年)には完成の予定ということでしたが、多少遅れたのか今年(2014年)の

2月初旬に開通式が行われました。

開通式の様子はこちらで↓

http://blog.naver.com/nanonly/90190111606

Im0000645905

『おお~~っ!橋だ~!橋が架かってるhappy01

(って、行ったわけじゃないんですが(;;;´Д`)ゝ)

↑手前が陸地側。橋の向こう側が熊島です↓

Im0000645906

もっと橋脚の高い橋を想像していたので、画像を見てエッ!と意外に思いましたが

世帯数50戸ほど、人口150人程度の島に서해대교(西海大橋)みたいな橋が

架かるわけないよね~と、納得した次第happy01

1日2回の干潮時のみ通行可能だったのが、これで一日平均20時間以上

往来が出来るようになったそうです。

(潮の関係で24時間通行可能な日が月のうち10日、

その他の日は通行不可な時間帯があるようです)

島の住民たちの悲願が、ついに叶い、めでたし、めでたし、といったところでしょうか。

ところで、上の写真、ぱっと見には、かつてのコンクリート道路とまったく同じ位置に

出来たように見えますが、新たに架けられた橋は、陸地側から見ると右側に、

島側から見たら左側に出来ています。

干潮時には、コンクリ道路と、新しい橋とが、2本平行して見られるのかな?

Im0000645907

↑熊島側からの画像ですが、右側の冠水していて途切れて見える道路が、

かつて私(=k_sarang)も、一往復歩いたことのあるコンクリート道路。

こうしてみると、橋はぎりぎりの高さで造られているんですね。

歩くにしろ、車にしろ、満潮時にこの橋渡るのは、すごい恐ろしそうcoldsweats02

(ここまでに使用した3枚の画像はWEB上から拝借したものです)

-------------------------------------------------------

ここからは、2年前に私(=k_sarang)が撮影した画像たちの登場ですhappy01

Dsc_455030

危険danger  水没事故多発地域

潜水橋が浸水した場合、車両絶対通行禁止

 この潜水橋は路面が水に浸かった瞬間から急流のため

 車両が海に転覆する事故が頻発している場所です。

 道路が浸水し始めた瞬間から車両等一切

 通行しないよう注意してください

 瑞山市長 瑞山警察署長

Dsc_527730

溺死事故 発生地域

満潮時 自動車の通行を禁止します

 大山邑長

かつて浸水している道路を、島から陸地側に渡ろうとした車が

海水のためかコンクリート道路の途中でエンストし、車から降りて

歩きだしたところ、波に飲まれて一家4人が亡くなるという悲惨な事故も

あったそうです。

満潮・干潮に関係なくいつでも渡れる橋が完成して、こんな危険や、

また生活上の様々な不便からも解放されたであろう웅도(熊島 ウンド)ですが、

これからどんな風に、あの島が変わっていくのでしょうか。

気になるところでもあります。

と、ここで、この記事を締めくくるはずだったのですが、下に貼り付けた

コネストさんの地図を見て、「そうだ!やっぱりあのことにも触れておかねば…」と

思いました。

陸地側から熊島への途中にモゲ島という島があるのが確認できるかと思います。

この島までのアプローチ、ここも橋ですが、いわゆる潜水橋ではなく、

いつでも通行可能な橋なので、何の気なしに渡ったのですが、実は非常に

老朽化していて崩壊の危険性があったんだそうですι(´Д`υ)アセアセ。

(怖い国ですよ~!韓国ってhappy01

この部分も最新工法を取り入れて安全性を高めたとのことですが、

どんなふうに変わったやら…

◆웅도(熊島 ウンド)へ行く道 その1

◆웅도(熊島 ウンド)へ行く道 その2

◆島の分校 (大山小学校 熊島分校

| | コメント (0)

◆地方統一選挙戦 街角風景@韓国 その3

韓国の選挙用ポスターは多種多様。

紙製あり。布の横断幕あり。サイズも色々。

貼り方、無秩序(;;;´Д`)ゝ

この無秩序ぶりは、我が愛すべき韓国社会そのものを

そっくり表現しているかのようです(゚ー゚;

Dsc_199330 Dsc_214030s_2



Dsc_200430s Img_205530s

Img_2050 Img_1618

Img_2547 Img_212750

Img_212130

そして、k_sarangは見たeye

でっかいポスター(横断幕?)の取り外し作業現場を!

Img_2889

(この記事に掲載の画像は、2010年、2014年撮影のものが混在しています)

| | コメント (5)

◆地方統一選挙戦 街角風景@韓国 その2

ちょうど4年前、:2010年 韓国地方統一選挙戦の真っ只中 
街角の風景です。
全羅南道・求礼(구례)バスターミナル付近にて。

| | コメント (8)

◆地方統一選挙戦 街角風景@韓国 その1(追記あり)

いよいよ明日が投票日。

旅の途中で出会った選挙戦街角風景です。

最初の動画は、慶尚北道・醴泉(예천)にて。

状況を説明する時間がありませんので、取り急ぎ動画のみUPです。

(ここから追記です 2014.6.6)

昨夜、この醴泉郡 郡守候補者の이원주氏は当選したのだろうかと調べてみると…

え~~っヾ(.;.;゚Д゚)ノ 

てっきり、黒っぽいスーツに黄色いタスキの男性が候補者その人だと思い込んで

いたのでしたが、何と候補者は女性でした。

20140520071

じゃあ、候補者はこの場にはいなかったのかな?と動画で確認してみると、

いました!いました!!

黄色いベストではなく、長袖のジャケットを着た方です。

残念ながら落選でしたが…(゚ー゚;

------------------------------------------------------

2014年、5月下旬のある日。

東ソウルバスターミナルから朝7時40分のバスに乗り、慶尚北道は

醴泉(イェチョン 예천)に向かいました。

醴泉(イェチョン 예천)到着は10時を少し回った頃。

醴泉バスターミナルの裏手のバス停から、今度は市内バスに乗って

龍門寺を目指します。

地元の人が市内バスと呼ぶこのバス、とっても可愛い姿をしています。

1402027386853 Dsc_1995

バスターミナルと、ほぼ隣接してある鉄道の駅舎のある辺りは車の交通量こそ多いものの

案外、閑散としていましたが、バスが走り出してまもなく窓の外にパラソルが見え、

賑やかな通りに出ました。この日、장날(市の立つ日)だったのかもしれません。

とあるバス停に停まると、ハルモニ・ハラボジたちがど~~っと乗ってきました。

この騒々しい声を録音する目的だったのですが、ちょうど選挙運動展開中で

期せずしてこんな動画になりました。

候補者や運動員がバス停に停車中のバスに乗り込んできて、候補者名の入った

印刷物を配るなんて!

選挙運動も、ところ変わればです。

| | コメント (2)

◆寺の付く駅名(再び追記しました)

日本だと寺の付く駅名が軽く100は超えそうですが、
韓国の地下鉄やその他鉄道駅では、
ほんの数えるほどしかないはずです。

たぶん、仏国寺駅、喜方寺駅、望月寺駅、多率寺駅ぐらい?

もう一つぐらいあったような気もするのですが、思い出せません(;´д`)…

(思い出しましたので、追記しておきます。直指寺駅でした)

再び追記です(2014.6.8)

鎭海線(진해선)に 聖住寺(성주사) 駅がありました。

奉恩寺の近くに出来る予定の新駅は、残念ながら(?)奉恩寺駅ではなく

奉恩駅のようですね。

お寺が人里離れた山中にあるのがほとんどの韓国ですから、

当然ながら駅名には成りえないのですが、

一昨日、その希少な「寺」の付く駅の一つである望月寺(망월사)駅
降り立ってみました。

Dsc_1807

Dsc_1812

そして、今日は中央線の喜方寺(희방사)を通過したのですが、

写真撮りそこなってしまって残念!!(´;ω;`)ウウ・・・

今回の旅も↓こんなんを楽しんでおりますhappy01

Dsc_2183

| | コメント (2)

◆天ぷらとガソリンスタンド^^

어머니는 20여 년간 국수를 팔았다.

가게 이름은 ‘맛나당’ 이었다.

어머니는 누가 제과점을 하다 망한 것을

인수해 간판을 그대로 사용했다. 

(オモニは20年余り うどん屋をやっていた。

店の名前は「マンナダン」だった。

つぶれた製菓店を引き継いで、看板をそのまま使っていたのだった)

雑誌を読んでいて、上記の文章が目に留まりました。

ある小説からの引用で、私はさらにそれを引用しちゃってるのですが、

ご勘弁をヾ(_ _*)・・・

-------------------------------------------------

これを目にして、

「そうそう、あの記事の完結編を書かなければ」と思った次第です。

ソウル・城北洞で『덴뿌라』の看板を見つけたのは昨年5月のこと。

その後も何度か、バスやタクシーの中から、あるいは向かい側の歩道を通りながら

「あのお店、まだあるぞ^^」と健在なことを確認はしていたのですが、

見つけてから1年後の今年の5月にやっと行ってまいりました。

Dsc_854050

メニュー、いちばん左のスンドゥブチゲにしてみたのですが、

それが不味いこと、不味いこと┐(´-`)┌

Dsc_854350 Dsc_854250 Dsc_854450

どれぐらい不味いかって、もう表現のしようがないほど…^^:

スンドゥブ運ばれてきたときに、ぐつぐつ煮立っている様子を動画に収めたのが

あるのですが、これは‘お蔵入り’になりそうです^^;

私がこの食堂に入ったとき、先客が一人だけいて、マッコリを呑んでいました。

どうやらこの方は店主の知り合いのようで、店主も手が空くとこのテーブルで

一緒にマッコリを呑み、外に出てはタバコを吸い、の繰り返し(-_-X)

Dsc_854550 Dsc_854650 Dsc_854750

お会計の際、食堂の名前がどうして「덴뿌라(天ぷら)」なのか?と訊いてみました。

かつて、この店は「日式집(日本料理店)」だったとのこと。

日本でも、いわゆる『居抜き』というのはよくあることでしょうが、

什器や設備だけでなく看板までそのままっていうケースは、はたしてあるでしょうか?

上の3枚並びの画像の真ん中、ご飯の器は、

かつての「日式집(日本料理店)」当時に使われていたであろう

味噌汁とかお吸い物用のお椀です^^

食べにいって確認しようなんて思わず、店名『덴뿌라(天ぷら)』の謎は

永遠に謎のままにしておくべきでしたhappy01

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

今、気になっている店名は…

Dsc_065750

ずばり주유소

주유소と言っても、주유소(注油所 ガソリンスタンド)ではありません^^

笑 と書かれたもう1枚の看板がありました。

飲み屋さんですが、こんなネーミングセンスをもつ店主はどんな方だろう?

よしておけばいいのに、またふらふらと行ってしまいそうなk_sarangですhappy01

| | コメント (4)

◆サツマイモの島へ(統営 欲知島) その7

もう少し歩いて、欲知島の中心地の佇まいを見てみます。

Dsc_087050 Dsc_087650_3

ごく普通の民家と道路、そして、その近くのさつまいも畑↑

Dsc_087350 Dsc_087150_2

教会を目指して坂道を登っていくと、その手前に小学校(遠梁初等学校)あり。↑

あとで地図で確認したところによると、さらに奥に進むと中学校もあるようですし

また別な場所には、この小学校の分校もあるようです。

Dsc_088350 Dsc_088250_2 

ほとんどが戸建住宅ですが、ヴィラと呼ばれる小規模の集合住宅もあり。↑

↑左側の画像、屋根の上のタンクは水でしょうか?

Dsc_090650 Dsc_090750

↑の画像、左側は保健(支)所。

右側の壁画のあるお家は何かと近づいてみると、

『欲知不動産コンサルティング』

イメージかけ離れすぎの壁画をしみじみ眺めながら、路地を通る^^

Dsc_088950

かなり大量の干しいもを広げている場面に遭遇。

こちらのお宅では、ちゃ~んとビニールシートや莚(むしろ)に干されています。

もっとも、ここは土の上なので、そのまま干すわけにはいかないのでしょう。

土の上なら敷物の上に、コンクリートの上なら直接干すというのが、

ここの島民の感覚なのでしょうか。

↑の画像、真っ赤な唐辛子の上の方に、干し芋の保護色になっちゃってる

dogがいるんですが、めっちゃ吼えられましたcoldsweats02

「写真撮ってるだけ。干し芋も唐辛子も、盗みやしないってば…^^;」

島で会った2匹目のワンちゃんです。

このワンちゃんのお宅のある場所から、

お寺と思しき建物が見えたので行ってみることにします。

Dsc_088850

畑を眺めながら歩いていくと、お寺の裏側の方に出ました。

建物を見上げて、「えっ!!」と思いました。

Dsc_089350

木組みや彫刻などで造られているはずの物が、どう見てもコンクリートの塊にしか

見えないのです^^;

今まで訪れたお寺で、建物がコンクリートというのはありましたが、

こういった装飾物が、型に流し入れたかのようなコンクリート製というのは初めて見ました。

木材を調達したり、大工さんを呼び寄せたりが困難な離島ならではの工夫なのでしょうか。

塀に沿ってお寺の正面の方に回ってみると…

Dsc_089550_2 

お手製感の漂う一柱門です^^

扁額と呼ぶにはちょっとアレな、板っ切れに手書きで

『대한불교 조계종 용천사 (大韓仏教 曹渓宗 ヨンチョン寺)』と書かれています。

ヨンチョン寺、漢字ではどう書くのか今のところ不明です。

検索してみると、용천사(ヨンチョンサ)という名をもつお寺は韓国内に40余りも

存在するようです。湧泉寺、龍泉寺等々…

さて、お寺を通り過ぎた辺りで、11時45分です。

12時20分までには帰りの船に乗り込まなくてはいけませんから、

残された時間はあと少し。

Dsc_068245

この日の朝食、海の見えるホテルの部屋で、クッキー数枚とコーヒー&牛乳と

軽めでしたので、お腹が空いてきました。

お刺身は前日に食べたし、何がいいかなぁ?と辺りを見渡すも、

コレというモノがないのです^^;

刺身屋は、やたら目に付くけれど…

そんなときに見つけた本日3匹目のワンちゃんdog

いえいえ、ワンちゃんは食べませんよ^^;

Dsc_091250

名産のサツマイモを始め、みかんや梨などを販売しているお店の見張り番か

はたまた看板娘か、黒ワンちゃんです。

子犬なのかもしれませんが、大人びた顔つきしてます。

といっても、画像だと表情が分かりにくいかも、ですが。

ダンボールのお家に、座布団付き。

サツマイモは地べたに直接干され、ワンちゃんは座布団に座る。

おもしろい島でした^^。

以前、麗水で刺身丼を注文して、えらく待たされたことが思い出され

刺身屋はパス。

もう島での昼食はあきらめて船に乗ろうかと思ったとき、

食堂のガラス窓に書かれた『가야 밀면』の文字が目に飛び込んでくる。

このとき、11時50分。

Dsc_091650

すぐに食堂に飛び込み、ビビンミルミョンを注文、本を読みながら待つ。

Dsc_091450

ミルミョンが運ばれてきたのが12時02分。

Dsc_091750 Dsc_091850

冷たい麺なので、ふーふーしなくてもするする食べられる(笑)

急ぐときにはもってこい^^

ところで、この麺の器の左横にあるユクス(肉のスープ)ですが、

温かいスープでした。とっても獣臭くて美味しいとはいえないのですが

食事には温かいスープ(味噌汁を含む)が必須のK_sarangですので

両手で抱え込んで、ちびりちびり飲んでいました。

すると、そこへ厨房の方からバタバタとやってきた食堂のお兄さん。

「冷たいスープを差し上げましょうか」と、湯飲み茶碗をひったくる勢い^^;

「温かいのが好きなので、これで結構です」と言うと、不満そうに厨房に戻っていきました^^

そしてまた、2分と経たないうちに

「아이고~ 시원한 것 드릴까요?(アイゴー 冷たいの差し上げましょうか?)」と

やってくるのです^^;

Dsc_091550

客はk_sarang 一人だけ。

なので、声を掛ける相手を間違えているわけではないのです。

「いったい、何なのよ?」と、去っていく後姿を見ると、お兄さんではなくてお父さんhappy01

最初に来たのはお兄さんで、次に来たのはお父さん。

声がそっくりならば、話す言葉も一字一句違わなかったので、「どうして、同じ事を2度も

言いにくるんだろう?」と不思議でした。

連係プレーの出来ていない父子のいるこの食堂、外観の写真がありません。

が、港のすぐ前でした。

食べ終わって12時14分happy01

すぐに船shipに乗ります。

Dsc_093850

だんだん小さく、そして遠くなっていく島の景色を眺めながら

「サツマイモの島、欲知島よ アンニョ~ン」と

感慨に耽っているときに、非常に現実的なことに思い当たりました。

あのトリコロールカラーのテントで売っていたサツマイモのことです。

土付きのサツマイモは日本に持ち帰ることが出来ないので、ハナからあきらめモード。

袋入りの「路上干し芋」は、なおのこと、買う気になれず…だったのですが、

帰りの船に乗った途端に、ホテルの部屋にオーブン電子レンジがあるのを

思い出したのですflair

サツマイモを買ってくれば、お部屋で蒸し芋でも焼き芋でも自由自在だったのにぃ~~

ざんね~~んbearing

来年の秋にでも出直すことにしよっと…^^

Dsc_095150

数え切れないほどの島々を眺めながら、熱々の生姜茶cafeを…

こうして、無事にサツマイモの島・欲知島から戻ってまいりました^^

Dsc_096250 

| | コメント (4)

より以前の記事一覧