・中国語を学ぶ

◆楽しいWEB旅(中国編)^^…その2

仁川港 国際旅客ターミナルの第2ターミナルから、

青島(チンタオ)行きフェリーが出ています。

(と、さも見てきたように書いておりますが、あくまでもこれはWEB旅^^:)

フェリーshipの内部は、こんなふうです。

なかなか良いではありませんか?^^

船という物は、確かこれまで遊覧船や渡し舟を除いては、竹芝桟橋⇔伊豆大島、

神戸⇔小豆島しか、利用した記憶がありません。

↑のリンク先のブログで、しっかりとバーチャル体験させていただきました^^v

Mini_130411_1935

↑画像は記事とは関係ありません。↓

数日前、2時間の残業後に行った中華バイキングですhappy01

Mini_130411_20040001

さてさてカモメの歓迎も受け、いよいよ青島(チンタオ)に到着です^^。

青島(チンタオ)ってどんなとこ?

山東半島の南側に位置する、人口764万人の都市。

Wiki travelによれば

かつてドイツの租借地だったことから、ドイツのような町並みが残っている。

日韓や欧米の投資を受け、現在は山東省最大の工業都市にまで発展している。

韓国からは至近の距離にあるため多くの旅客が訪れるのか、

街ではハングルの看板を至るところで目にすることができる

海辺のリゾート都市としても人気で、夏には海水浴客が大勢押し寄せる。

海水浴シーズンは海水浴客でごった返すし、また例年8月には青島ビール祭りが開かれ、

内外から多くの観光客が訪れるので、人ごみを避けてゆっくりと街歩きを楽しみたい人は、

この時期を避けた方が無難かもしれない。

青島は2008年に北京オリンピックのセーリング会場に選定され、

競技会場や鉄道駅の改修など、各種インフラの整備が急ピッチで進められていた。

な、な、なんと、ハングルの看板がいたるところに…(゚0゚)

もしかして六十の手習いの必要なんぞなかったかな?^^

これで少し気持ちが軽くなったぞhappy01

青島(チンタオ)について書かれた旅日記などを見ながら

イメージを膨らませている今日この頃です。

こんな旅もありました。

| | コメント (4)

◆楽しいWEB旅(中国編)^^…その1

旅計画は楽し^^

実際に旅立つことになったらairplaneで目的地までパ~~ッと飛ぶことに

なるでしょうが、あくまでもこの記事はWEB旅。

思い切り遠回りしたり、寄り道しながら楽しんでみたいと思います。

(↓地図はクリックで大きくなります)

Chinamap0902

  直行便ではなく、まずは韓国へ飛んで、と…^^

仁川港 国際旅客ターミナルからフェリーshipで青島(チンタオ)に向かいます。

初中国は、青島(チンタオ)の地を踏むことから、です。

仁川港 国際旅客ターミナルからは、青島(チンタオ)行きの船が火・木・土の

週3回出ています。17:30出発で青島(チンタオ)到着は翌日の11:00。

結構な時間乗るんですね。(船は苦手だ~coldsweats02

ところで、仁川港→→青島(チンタオ)の料金は、と言いますと、

ビジネスクラス:14万ウォン

エコノミークラス12万ウォン

これ片道料金です。燃油サーチャージ、税金は別途。

仁川港 国際旅客ターミナルのHPで予約が可能です。

仮に日付を設定して、個人情報を入力する寸前まで予約を進めてみました。

必要事項すべて入力して送信すると確認電話が掛かってくるそうです。

確認の後、料金振込みという流れになっていました。

WEB上での予約はカード決済は出来ない模様。

韓国に銀行口座はあるものの、ネットバンキングの手続きはしていないので

こういうときは韓国の友人に頼っちゃいます^^。

と、すっかり行く気になっているk_sarang(笑)

しかし、この海域をフェリーで航行はちょっと怖いものがあるなぁ~と

ビビッてみたり…^^;

-----その2に続く-----

| | コメント (5)

◆まいにち中国語

三日坊主にならないように、ブログで宣言しときます^^

中国語始めました。

言われる前に言っちゃいますが、六十の手習いってヤツですhappy01

(ちょびっと年齢詐称気味ですが、そこんとこはご勘弁を…^^;)

09101042013

1984年でしたか、ハングル講座開設以来20年ほど、

ラジオ&テレビともテキストの購読を続け

もちろん番組そのものも利用させていただきましたが、

その中で知らず知らずのうちに身についたものは計り知れず。

テキスト本文の内容はもちろんのこと、巻末の読み物から得た

雑学的なものの蓄積もきっと大きいハズ…。

ところで、久々にラジオ講座を聴いてみたらば、

NHKの語学番組、進化してますね~。

Bnr_rajiru_2

平日の夜、少し遅めの時間、22時30分からが『まいにち中国語』の時間。

22時45分からは『レベルアップ中国語』、そして11時『レベルアップ韓国語』と

続きます。分からないながらも『レベルアップ中国語』耳に心地いいです。

『レベルアップ韓国語』は、まるで母語のように沁みてきます。

‘継続は力なり’といいます。

続けてさえいれば、もひとつ新しい世界が開けると思うと、

心はずむ4月ですhappy01

| | コメント (10)